人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:さんぽ ( 136 ) タグの人気記事

世界遺産 ヴェネツィアの風景 sanpo

アドリア海の根元に位置するヴェネト州の州都ヴェネツィア。
452年、西ローマ帝国が崩壊した際、本土から移住した人たちが形成した都市国家。
12世紀以降、東西貿易の中継地として膨大な富を築き、1204年には十字軍と組んで
コンスタンチノプールを征服した。150の運河、400以上の橋、117の島からなり、
今は風光明媚な海上観光都市となっている。サンマルコ広場を中心に時間の流れを忘
れさせる極上の開放的空間が広がっている。
先ず鐘楼から眺めたヴェネツィアの風景3景から
c0192215_21221558.jpg

c0192215_21281195.jpg

c0192215_21283125.jpg

c0192215_21294290.jpg

 サンマルコ広場とサン・マルコ大聖堂、聖堂は828年アレキサンドリアから運ばれた聖
 マルコの遺骸を安置する礼拝堂を建てたのが起源だが、976年に焼失。
 ヴェネツィア共和国の威信を示すため1063年から400年をかけ再建された。
 内部は当時の財力を物語るかのように贅を尽くした金色のモザイク張り。
c0192215_21304747.jpg

            左に旧行政館、中央に鐘楼、右にドゥカレ宮
c0192215_21395966.jpg

           ドゥカレ宮からみたサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会
c0192215_21512016.jpg

         ゴンドラからみたドゥカレ宮と石楼をつなぐ「溜息の橋」(工事中)
c0192215_2261010.jpg

            ここではゴンドラが交通機関、時には大渋滞もあり。
c0192215_21543462.jpg

       小路に入ると買い物天国、カーニバルになると街中がお祭りだという。
           
by bonjinan | 2009-10-26 21:58 | 旅、散歩

世界遺産、ヴァチカン市国を訪ねて sanpo

人口約1000人という世界最小の独立国だが、約10億人の信者を有するカトリックの
総本山でローマ法王の御座所となっている。エルサレム、サンティアゴ・デ・コンポステ
ラとともにカトリック教会三大聖地の一つとされる。
歴史を振り返ると、4世紀コンスタンティヌス帝がそれまでのキリスト教迫害の歴史を
一転、ミラノ勅令を発布しローマの宗教として正式に公認し、キリストの1番弟子・初代
ローマ教皇・聖ペテロ殉教のこの地に大聖堂建設を命じて今日の発展につながる。
現サン・ピエトロ大聖堂は16世紀に大改修が始まり120年の歳月をかけ完成したバロ
ック様式の大聖堂。ラファエロ、ミケランジェロなど歴史上の天才が建設に参画している。
とにかくサン・ピエトロ大聖堂の規模、豪華絢爛な内部装飾には圧倒されます。
c0192215_7341093.jpg

        サン・ピエトロ広場:140人の聖人像が回廊上からみおろしている。
        バロック時代を代表する建築家ジャン・ロレンツオ・ベルニーニの設計。
        母が両腕を広げて訪ねる人々を受け入れる様をイメージして設計したとされる。         
c0192215_7401948.jpg

       サン・ピエトロ大聖堂内部:ドーム(クーポラ)も大きいが天蓋も巨大だ。
c0192215_7503561.jpg

              大聖堂ドーム:ミケランジェロが手がけた。
c0192215_7515648.jpg

   ヴァチカン美術館内部:天井のフレスコ画も精緻かつ華麗だ。かの有名なミケランジ
   ェロ作「最後の審判」が飾られているシスティーナ礼拝堂は撮影禁止になっている。
c0192215_7542688.jpg

     美術館内部ピオ・クレメンティーノ美術館:ギリシャ、ローマ時代の彫刻を展示
by bonjinan | 2009-10-25 08:09 | 旅、散歩

オブジェ@丸の内仲通り sanpo

丸の内仲通りのオブジェ。さ~と通リ過ぎると気に留めないことが多い。今日はゆっくり
楽しんできました。作品はいずれも彫刻の森美術館所蔵品。
c0192215_18585732.jpg

                 峯田義郎作 "Afternoon" 1984
c0192215_1902974.jpg

                Liu Jilin (chinese)作 "対歌" 1990
c0192215_19132179.jpg

         Arnaldo Pomodoro (Itarian)作 "円筒の大きな建物"1969
c0192215_198719.jpg

               Jim Dine (American)作 "展望台"1990
by bonjinan | 2009-09-28 19:14 | 旅、散歩

武蔵小杉から等々力緑地、小歴史散歩 sanpo

高層マンションが林立し変貌しつつあるJR&東急武蔵小杉駅から川崎・等々力緑地への道筋でみられる小歴史散歩をしてみたいと思います。途中必ず渡るのが中原街道。江戸時代、平塚・中原御殿(家康が江戸、駿府を行き来する際に宿泊した)と江戸を結ぶ街道であったことから中原街道と名付けられもの。供養塔に「東江戸、西中原」とある。この中原街道、丸子橋からくるとカギのかたちに左折右折する。家康が鷹狩に来た「小杉御殿」の跡地で城下町と同じで防衛のためであった。付近には「西明寺」、「泉澤寺」が配置されていた。
c0192215_949323.jpg

              石碑に史跡「徳川将軍小杉御殿跡」とあり。
c0192215_9521160.jpg
 
        参道からみた西明寺(真言宗智山派)。小杉御殿の隣であった。
        中原街道をもう少し進み二ケ領用水を渡ると泉澤寺(浄土宗)がある。
        室町末期世田谷から移ってきた寺で、夏にボロ市が開かれ冬の
        世田谷ボロ市とならび有名だったという。
c0192215_1032126.jpg

        時代は下って1937年にNKKが導入したトーマス転炉。
        我が国の工業化を切り開いた歴史的炉。転炉とは銑鉄(鉄鉱石を
        溶かしただけで不純物の多い鉄)を酸素雰囲気中で炭素、珪素、
        燐など不純物を酸化させ(高温では鉄は酸化し難い性質を利用し)
        鋼に転換する炉。外径4.2m、高さ7.6mある。
c0192215_1015492.jpg

        昨晩、川崎・等々力陸上競技場はJリーグ:川崎F-FC東京戦で沸いた。
        スポーツ分野での歴史が刻まれていくことでしょう。
        手前はつり堀。多くの人達が普段楽しんでおられる。
by bonjinan | 2009-08-02 10:21 | 旅、散歩

東京の坂道・行人坂、大円寺、雅叙園 sanpo

東京には魅力ある坂道がたくさんあります。行人坂もその一つで私の好きな坂です。
JR目黒駅を降り、権乃助坂(目黒通り)から左側の道に入ると行人坂。
喧騒の街から一気に緑に包まれ歴史が薫る静寂な空間に入り込むことができます。
坂を下ると左に祠、大圓寺があり、坂を降り切ると目黒・雅叙園に至る。
五百羅漢寺、成就院、目黒不動尊、林試の森公園と歩くと約3Kmの散歩コースとな
りますが、今日はふと思い立っての立ち寄り程度、雅叙園での休息にとどめた。
c0192215_18545624.jpg

        行人坂:権乃助坂が開かれる前は二子街道として主要道だった。
        近辺にはたくさんの行人(修行僧)が住み行き交ったという。
c0192215_190225.jpg

        目黒川架橋供養勢至菩薩石造を祀った祠。静かな雰囲気です。
c0192215_196142.jpg

       大圓寺(天台宗):江戸初期に湯殿山の大海法院が行人坂を切り開き、
       祈願の道場を開いたのがその始まりと伝えられる。
       もっと有名なのは江戸三大大火の一つ目黒行人坂の大火(1772年)
       の火元となり死者約15,000人を出したこと。生臭坊主が庫裏に放火
       したためという。山の手七福神(三面大黒天像を安置)の一つでもある。
c0192215_1916541.jpg

     大火の被災者を供養する五百羅漢石像など都指定文化財「大円寺石仏群」
c0192215_19275491.jpg

      目黒・雅叙園:写真は飾られたううちかけと生け花。
      よく假屋崎省吾さんの華麗な生け花展が開催され御夫人には人気あり。
      7/24~、都指定有形文化財「百段階段」(通常非公開)で人形師の
      辻村寿三郎×百段階段展(雨月物語から平家物語縁起へ)が開かれる。
by bonjinan | 2009-06-25 19:40 | 旅、散歩

安芸の宮島 sanpo

      安芸の宮島。海に浮かぶ世界遺産・厳島神社、霊峰・弥山の麓に広がる神社仏閣
      山歩きを楽しみました。ほとんど徒歩で歩ける範囲にありながらそれぞれに味わい
      深く、時間の過ぎるのも忘れるくらいでした。
c0192215_21255031.jpg

      宮島口から航路、宮島桟橋へ。大鳥居は海の中、良く写真に出てくる風景。
      左に見える大きな建物が千畳閣、その後ろに五重塔。
c0192215_21314180.jpg

      千畳閣:1587年、豊臣秀吉が戦没将兵供養のため建立に着手した。
      入母屋造りの大経堂。秀吉の死去により建設は中断したままというが千畳
      というだけあって内部はかなり広い。
      隣には、絢爛豪華な朱塗りの厳島神社五重の塔があり。
c0192215_21403464.jpg

      厳島神社:593年創建。1168年、平清盛によって現在の規模に造営される。
      寝殿造りの壮麗な社殿。訪れた日の満潮は9時頃、11時頃でしたので潮が
      かなり引いています。弥山とともに1996年世界遺産に登録されている。
c0192215_2148969.jpg

      大本山大聖院:真言宗御室派(総本山、京都・仁和寺)の寺。写真は仁王門。
      空海が宮島に渡り、弥山の上で修行をして806年に開基したといいますから
      1200年の歴史を有する。明治の神仏分離令までは宮島の総本坊だった。
      宮島といえば厳島神社ですが、ここを歩くと改めて宮島の奥深さを感じます。
c0192215_21582696.jpg

      潮の引いた大鳥居:2時半頃、そろそろ干潮の時間。満潮の時と干潮の時
      では約大人の背丈位の差がある。
    
by bonjinan | 2009-05-28 22:09 | 旅、散歩