AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

タグ:さんぽ ( 124 ) タグの人気記事

上毛三山の紅葉 sanpo

  紅葉の始まる頃。上毛三山(赤城山、榛名山、妙義山)を回ってきました。
  赤城山では紅葉の真っ盛り、榛名山では始り、妙義山はこれから。
  紅葉はやはり標高の高いところから徐々に始まっています。
c0192215_9323077.jpg

  赤城山の紅葉
  大沼(カルデラ湖、湖面標高約1300m)の周りに1500~1800mの山が取り囲む。
  雑木林の紅葉が真っ盛り、白樺の葉は完全に散ってしまった。
c0192215_9421877.jpg

  赤城神社の紅葉
  大沼の小鳥ケ島に鎮座する社。今、紅葉が美しい。
c0192215_9484633.jpg

  榛名山の紅葉
  榛名富士(標高1391m)と榛名湖(カルデラ湖、湖面標高1084m)
  榛名湖周辺の雑木、カエデが紅葉し始めたところ。
  山裾には名湯、伊香保温泉がある。
c0192215_10164933.jpg

  妙義山
  火山活動の後、堆積した柔らかい層が浸食され、溶岩の岩体が露出した山。
  妙義山は1100m内外の峰々の総称。日本三大奇勝の一つ。
  写真は白雲山の東麓、妙義神社大鳥居付近(標高約450m)から見た妙義山。
  岩山の途中に、妙義大権現を表す「大」の字が見える。
  遠くからでも拝めるようにと造ったという。更に上った所に奥の院がある。  
  写真の通り、紅葉はまだ始まっていない。
c0192215_10205824.jpg

  妙義神社参道の石段
  石段は165段。修行の道場にも思える石段である。
c0192215_10331814.jpg

  妙義神社
  苦労して登ると日光東照宮の彫刻士が彫ったとう見事な彫刻が見られる。
[PR]
by bonjinan | 2018-10-25 10:38 | 旅、散歩 | Trackback

犬山城と城下町 sanpo

  犬山城(愛知県犬山市)に行ってきました。
c0192215_19281522.jpg

  犬山城天守
  丘の上に築かれた平山城。現存する天守の中で日本最古。国宝5天守の一つ。
  犬山城の始まりは織田信長の叔父である織田信康が1537年に築城したと伝わる。
  その後、城主はめまぐるしく入れ替わった。小牧・長久手の戦い(1584年)では秀吉が大軍
  を率いてこの城に入り、小牧山に陣を敷いた家康と戦った。
  江戸時代になり1617年からは、尾張藩付家老、成瀬正成が城主になり幕末まで成瀬家が
  代々城主を受け継いだ。
c0192215_19551170.jpg

  天守から望む木曽川
  眼下に流れる木曽川の向こ側(北側)は美濃国(現岐阜県)で中山道の鵜沼宿があった。
  犬山は尾張国の北端に位置し交通の要衝であった。なお対岸の山は伊木山、両岸を結ぶ
  長い橋は通称ライン大橋で濃尾用水の可動堰を兼ねる。
c0192215_20184677.jpg

  天守から望む城内とかつての城下町である犬山市街
c0192215_20395128.jpg

  城下町の中心をなす本町通り。
  かつては犬山城大手門から名古屋に通じる主要街道だった。今も昔ながらの町屋、改造した
  みやげ屋さんやカフェが並ぶ。名古屋から名鉄特急で約25分、若い人が多い。
  のんびりした気分が味わえるからだろう。
c0192215_20544191.jpg

  本町通りの「旧磯部家住宅」
  江戸時代には「柏屋」の屋号で呉服商を営んでいた。今は内部が公開されている。
c0192215_21104199.jpg

  本町通り「どんでん館」の山車
  犬山では毎年4月の第1土日に針綱神社の祭礼、犬山祭が開催される。
  犬山祭は江戸時代初期から続くお祭りで、13輌の山車が巡行する。
  展示されている山車は13輌の山車(犬山では「やま」と呼ぶ)のうちの4輌。
  昼はからくり人形、夜には365個の提灯で覆う夜山車(よやま)に衣替えする。
  館の名前「どんでん」は山車が街の曲がり角で豪壮に方向転換する様のことだと言う。

  参考:犬山市観光協会ホームページ
[PR]
by bonjinan | 2018-09-27 09:55 | 旅、散歩 | Trackback

御射鹿池 sanpo

  長野県茅野市、奥蓼科高原に「御射鹿池(みしゃかいけ)」というため池がある。
  農業用水用のため池ですが美しい風景であることから、絵画のモチーフとされたり、
  CMの背景としても使われている。初めて行きました。
c0192215_10425790.jpg

  御射鹿池。
  言われている通り、透明度が高く、木々の緑を美しく反射させていました。
  高透明度については、鉱泉を含むことから酸性で魚が棲まないからという。
  また美しい緑の反射は、湖底に酸性水を好む緑のコケが繁茂しているためとのこと。
  ところで御射鹿池の下には横谷峡があり流量豊富な渋川が流れているのになぜため池がと不思
  議に思えますが、標高が1500mを越え水が冷たく、そのままでは農業用水としては使えなく、
  一時的に滞留させ温めるために造られたという。昔の人の工夫に驚きました。
c0192215_1125954.jpg

  絵画やCMに採用されている構図(確かこんな感じでは・・・)
  東山魁夷画伯は「緑響く」(1982年)で池の向こう岸に白馬を配して幻想的な風景を描
  いた。絵のように美しい風景をしっかり撮るには天気が良く風のない朝が良いという。
c0192215_1116185.jpg

  おしどり隠しの滝
  御射鹿池から歩いて15分位のところにある渋川沿いの滝の一つ、おしどり隠しの滝がある。
  この川の特徴は、水が酸性であることから川底や周辺の石に酸性を好むコケが繁茂している
  こと、また滝の周辺はマイナスイオンが他の渓流と比べ桁違いに多いことだという。
  御射鹿池と併せてみるのが良いだろう。但し坂道なので無理をせず御射鹿池をじっくり堪能
  するのも良いと思います。
  参考1:奥蓼科観光協会ホームページ
  参考2:美しく景色を映す池は全国にあると思います。長野県では戸隠高原の鏡池も有名。  
[PR]
by bonjinan | 2018-08-30 17:49 | 旅、散歩 | Trackback

秋の訪れ@白樺湖 sanpo

  白樺湖(長野県茅野市)の花畑を歩いてきました。
  コスモスが咲き秋の訪れを感じさせます。
  白樺湖の湖面標高は1,416m。
c0192215_8231185.jpg

  ライムグリーンアカシアの丘
  景色が全体として丘の名前に相応しく黄緑色に見える。
  黄金アカシアの黄緑が特徴づけているのかも知れない。
  写真手前から、コスモス、黄金アカシアの木(ニセアカシア)、その先に白樺湖。
c0192215_832674.jpg

  ニッコウキスゲ(7月)、ユリ(8月)が咲き終わり今はフロックスが中心。
  もう少し経つと黄金アカシアが名前の通り黄金色に輝く。
[PR]
by bonjinan | 2018-08-30 09:05 | 旅、散歩 | Trackback

平安神宮神苑 sanpo

 花菖蒲の咲くころ。平安神宮神苑を歩いてきました。
c0192215_10154932.jpg

  応天門から大極殿(外拝殿)を望む華麗な景観。
  神苑入口は、外拝殿から見て右側、白虎楼付近。
  神苑は、南神苑(八重紅枝垂桜の名所)、西神苑、中神苑、東神苑と本殿東西を取り囲む。
  明治を代表する造園家・七代目小川治兵衛が作庭したもの。
c0192215_1028891.jpg

  西神苑白虎池の花菖蒲
  神苑には日本古来の花菖蒲(伊勢系、肥後系、江戸系など)が植えられている。
  睡蓮の花も見ごろ。
c0192215_10404649.jpg

  中神苑蒼竜池の河骨(コウホネ)
c0192215_10421825.jpg

  コウホネ:スイレン科
c0192215_10443621.jpg

  蒼竜池を渡る臥龍橋。
  豊臣秀吉が造営した三条・五条大橋の橋脚(白川石:花崗岩)を再利用したもの。
c0192215_116296.jpg

  東神苑栖鳳池に架かる泰平閣(橋殿)。御所から移築したもの。
c0192215_1175629.jpg

  橋殿から眺める東御苑。
  街中とは違って広々としており、静かに景色を愛でることができる。
  橋殿を渡ってしばらく歩くと神苑出口。神楽殿横に出る。

 参考:平安神宮公式ホームページ(同公式ブログ「はんなり便り」)
[PR]
by bonjinan | 2018-06-02 11:19 | 旅、散歩 | Trackback

京都、高台寺 sanpo

 緑豊かな東山、高台寺(通称、ねねの寺、正式には高台寿聖禅寺)を訪ねた。
 豊臣秀吉歿後、その菩提を弔うため秀吉夫人の北政所(ねね、出家して高台院湖月尼と号す)
 が1606年に開創した寺。
c0192215_10194566.jpg

  通称、ねねの道から石畳の台所坂を上って高台寺へ
  緑滴るエントランスは高台寺を特徴付ける景観の一つ。
  ねねの道を挟んで圓徳院はねねが普段過ごした場所。
  ねねさんもこの坂道を何度も歩いたはず。
c0192215_10214266.jpg

  庫裏(正面)と方丈(右)
c0192215_1025154.jpg

  庫裏北側の緑の小道(受付からの拝観経路)
  左手八坂神社方向には巨大な山鉾の形をした大雲院の祇園閣が見える。
c0192215_1029815.jpg

  書院からつながる観月台(橋)と偃月湖。橋の右奥は開山堂
  庭園は小堀遠州作で国の史跡・名勝に指定されている。
c0192215_10361162.jpg

  方丈前庭
c0192215_10372130.jpg

  中門と開山堂
  開山堂天井には北政所の御所車の屋根、秀吉が使った御船の天井が使われている。
  その屋根の大きさにびっくり。部屋が丸ごと移動していたようなもの。
c0192215_1038599.jpg

  開山堂から霊屋につながる臥龍廊
  霊屋には秀吉と北政所の木像を安置。須弥壇や逗子には高台寺蒔絵が施されている。
  北政所の遺骨は像の真下に葬られているという。
c0192215_18194268.jpg

  時雨亭(手前)と傘亭(奥)
  伏見城から移築された利休の意匠によると伝わる二つの茶室。
c0192215_1820137.jpg

  境内の竹林。広大な境内ならではの風景。

  参考:高台寺ホームページ
[PR]
by bonjinan | 2018-06-01 10:57 | 旅、散歩 | Trackback

街の風景 in ウィーン sanpo

 ウィーンの街の中心部を歩いてきました。
 オペラ座→旧王宮→コールマルクト通り→グラーベン通り(ペスト記念柱)→シュテファン寺院
 →ケルントナー通り→オペラ座。比較的狭いエリアなの街の風景をゆっくり楽しめました。
c0192215_181945100.jpg

 起点はオペラ座。
 近くにカフェ・ザッハー、モーツアルトなどあり。
 オペラ座前の大通りはリング通り。19世紀後半まで城壁だったが、フランツ・ヨーゼフ1世の代
 に取り壊され大通りとなった。オペラ座ほか通りに面した建物はその頃に建てられている。 
c0192215_18263589.jpg

 ミヒャェル広場からみる旧王宮
 オペルリング側から王宮庭園経由で旧王宮に向かったのですが王宮は広く旧王宮の入口を探すの
 にひと苦労。今振り返ればオペラ座からミヒャエル広場に向かって真っすぐに進めば良かった。
 旧王宮のこと。13世紀後半から20世紀初頭までの約640年間、ハプスブルク家の歴代皇帝が居
 城としてきた宮殿。人気の観光スポット。特にエリザベート皇后(愛称シシィ)の部屋は人気。
 入場券購入の列に並ぶこと、中で人が進まなくなる箇所ができるなどと言われていたのですが 
 この時は団体客がいなかったせいかスンナリ入場、また館内を回ることができました。
c0192215_18413135.jpg
 
 グラーベン通りのペスト記念柱
 1679年ペストが猛威を振るい、その終息を記念して、レオポルド1世(マリアテレジアの祖父)
 によって建てられたもの。柱の最上部に三位一体像があり三位一体像とも呼ばれヨーロッパ各地
 にあるもの。グラーベン通りを進むとシュテファン寺院(別掲)。
c0192215_19173312.jpg

 シュテファン寺院からオペラ座につながるケルントナー通り
 前出グラーベン通りと同様、ブランドショップが並ぶ通りで歩行者天国となっている。
 ウインドウショッピングしながらウィーンみやげを購入。
c0192215_19255828.jpg

 ウィーンの街でみる赤と白の旗
 ウィーン市観光局が定めた歴史的に意義ある建物に掲げられる。約200カ所あるという。
 写真のマルテーザ教会では今日、教会コンサートがあるようだ。
[PR]
by bonjinan | 2017-10-28 10:45 | 旅、散歩 | Trackback

花菖蒲、睡蓮@明治神宮御苑(2017) sanpo

  明治神宮御苑を歩いてきました。
  花菖蒲、睡蓮がみごろ。
c0192215_20101915.jpg

  杜の小径を進むと一気に目に飛び込んでくる菖蒲田の配置はドラマチック。
  水源は清正井(きよまさのいど)
c0192215_20135070.jpg

  菖蒲田のゆるやかな曲線と茅葺の四阿を添えた景色が美しい。
  江戸系花菖蒲の原種150種、1500株が植えられているという。  
c0192215_20161165.jpg

  南池(なんち) 
  この地は、江戸の初めは熊本藩主加藤家の下屋敷、その後、彦根藩主井伊家の下屋敷、
  明治維新後は皇室の御料地となり代々木御苑と称せられたという。
c0192215_20234221.jpg

  南池の睡蓮
  睡蓮の名は、”マリアセアクロマテラ”と紹介されていました。
c0192215_20335039.jpg

  南池東側の四阿
  とても暑い日でしたが四阿を吹き抜ける風は爽やかでした。

  
[PR]
by bonjinan | 2017-06-19 20:37 | 旅、散歩 | Trackback

パンジー sanpo

  春到来。殺風景だった公園の花壇がにぎやかになってきました。
  パンジーの青紫が鮮やかでした。
c0192215_18223563.jpg

  パンジー:スミレ科  別名:三色スミレ  英名:Pansy
  @横浜、港の見える丘公園
[PR]
by bonjinan | 2017-03-07 18:33 | 季節の花 | Trackback

寒梅 sanpo

  寒さますます厳しくなるこの頃ですが梅の花が咲いていました。
  春を待ちきれなく咲くのでしょう。
c0192215_18373481.jpg

  @新宿、花園神社
[PR]
by bonjinan | 2017-01-10 18:46 | 季節の花 | Trackback