人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

ナンバー2、直江兼続

最近、NHK大河ドラマに歴史上では脇役だった人物が登場する。1億総中流と言われた時代とは異なり頂上に上り詰めた人物より親近感を感じるからだろう。直江兼続(1560-1619)もその一人、下級武士の長男として生まれるが、上杉謙信の姉、仙桃院の眼に留まり、その子、景勝(後、上杉景勝)の近習となり、終生、景勝に使える。殆どめぼしい戦績はないが、上杉家執事として不動の№2にのしあがって行く。豊臣秀吉の№2石田三成と盟友となることにより、後日、上杉家は家康を牽制する役割を受け会津に転封されるが、90から120万石に加増され豊臣政権の5大老に就任につながっていく。しかし三成が家康に倒されると、上杉家は米沢30万石に転封されることにもつながっていく。これも最上攻めからの的確な撤退判断があったればこそ上杉家は存続したとも評される。 その後、上杉家生き残りに尽力、これまた家康の№2といわれた本多正信とも接近、家族を犠牲にしての本多家との縁組、軍役の軽減などに奔走する。晩年、反家康判断の反省から、大阪冬の陣(1614)で景勝と共に見事な采配を振るう。最後は直江家断絶を判断し正真正銘№2の生涯を終える。 一般に、一兵卒から権力に近づき成り上がった者は、自分の才覚のなせる業と思い、特に部下に対しては傲慢になる。場合によっては主従関係を絶ち寝返ることもある。しかし明智光秀を引き合いに出すまでもなく№2は所詮トップをみトップの威光でのし上がった者、カリスマ性が備わっていないから、頂上に上り詰めた途端に組織は崩壊に向かっていく。№2であり続けることが美しいのです。 織田信長の家臣秀吉ですら、その天下はたったの10数年で終わっています。
# by bonjinan | 2009-02-11 22:54 | 文化・歴史

生理的最適、生態的最適

植物の世界を長年研究されてきた宮脇先生の著書*に面白いことが書かれていた。
植物を単植栽培すると湿りすぎず乾きすぎない場所で最大の成長を示すことは容易に想像できるが、混植すると乾いたところでも最大の成長を示す場合があるという。競争相手のいない場所での成長力と競争相手がいて好立地からはじかれた場所での成長力のどちらが本来の姿と考えるべきか、ある学者が考え、前者を生理的な最適域、後者を生態的な最適域と呼んだそうです。このように地球上のすべての植物は、自然状態にあるので種の生理的最適条件から少しずらされ、少しきびしく、少し我慢を強要されて生育しているのだという。またゴルフ場の芝を調べたところ、ラフで100%芝にみえるところでも20~30%は芝と同じ生活形をもっていて成長点が地際にある草が共存しているとのこと。若し雑草を全部抜き取ってしまうと虫の襲来で全滅することがあるという。こうしてみてくると、我々個人も企業も希望としては生理的最適を望みたいところだがそうはいかない。恵まれてそれが可能だったとしても環境が変れば一気に適応できなくなってしまう。少々不満はあっても居場所を見つけたらそこで成長していくことを考えた方がよさそうである。 
*引用:宮脇昭 『緑回復の処方箋』 朝日選書(1991.6)
# by bonjinan | 2009-02-09 21:48 | 読書

三方よし

今日NTVの番組で、年末の今年の漢字でも有名な清水寺の森貫主と長島一茂氏の対談の中で、森貫主から”三方よし”のお言葉があった。何か”変”になっている昨今を評するに、真に言いえて妙なるお言葉でした。
三方よしの原典は近江商人(麻布商)だった中村治兵衛宗岸が養嗣子への書置きの中の一節から来ていると言われ、近江商人の心得、今風には経営理念として伝えられている。「売り手よし、買い手よし、世間よし」は正に不況に悩む経営関係者に、ビジネスを原点から見直してくださいと言っているようです。 売り手よしは適正な利潤取得により企業が存続し得ること、買い手よしは顧客満足を得ること、世間よしは企業の社会的責任を果たすことと考えることができ、経営の普遍的要件を包含しています。バブル景気に浮かれいる時は、知らず知らず利益の最高記録が最大の目標となり、顧客満足も社会的責任も軽く考えていたのです。 しかし減益になるとまた増収総益が最大課題になってしまいます。いつになっても自分中心に考えているだけになっているのです。現在、市場原理主義そのものに内臓する問題点も指摘されるようになっています。社会的責任をもっと広く捉え、本当にビジネスそのものが世の中の役に立っているのかどうか、改めて点検する時期になっている。 
# by bonjinan | 2009-02-08 00:07 | 企業・起業

照葉樹の島、鎮守の森

かなり前のことになるが、長年に亘り植生を調査研究されてきた横浜国大の宮脇昭先生のお話をお聴
きする機会があった。日本の常緑広葉樹林*の主木は”シイ、タブ、カシこれだけは覚えておいてください”と仰られたこのをよく覚えている。植生は気候、土壌、植物同士の葛藤、人間生活などの影響を受け次第に変化している。しかし鎮守の森、お寺の森は、自然をも神とする日本人の宗教観から昔のままで残っている。近年、都市化が進み、元々生きていた樹木がどのようなものか分からなくなってきているが、散在する鎮守の森を調べると、主木はシイ、タブ、カシの種であることが判るという。どんな木か分かっていたつもりではあったが、意識してはみていなかった。幸いなことに最近では美観風致維持の観点から該当する樹木に保存樹木と表示してある。散歩を兼ね近くの神社に行った。タブ、カシの木はあったがシイの木はなかった。近所では同類のクスの木が公園などにも植えられ多いことも知った。この散歩で、どれがタブ、カシの木なのか改めて確認するとともに年中常緑の木あってこその神社仏閣であり、日本人の精神文化は自然とともにあることを改めて感じる。
*常緑広葉樹の内、葉が大きく光っている種類を照葉樹、オリーブなど葉が小さく硬い葉をつけた種類を硬葉樹という。前者は北東アジア、後者は地中海地帯に分布。
照葉樹の島、鎮守の森_c0192215_20244596.jpg

                鎮守の森
照葉樹の島、鎮守の森_c0192215_20294820.jpg

                保存樹林表示
照葉樹の島、鎮守の森_c0192215_20263458.jpg

                タブの木
照葉樹の島、鎮守の森_c0192215_20273570.jpg

                シラカシの木
# by bonjinan | 2009-02-07 20:36 | 文化・歴史

新しい中世

中世(西欧)は一般に西ローマ帝国の滅亡(476年)から東ローマ帝国の滅亡(1453年)の時代をいう。初期(5~9世紀)はローマ帝国が崩壊しゲルマン人諸国が乱立、文化面では後退し暗黒時代*ともいわれる。盛期(10~13世紀)には土地の開墾と農業技術が進み、温暖化と相俟って人口が増加した。当時はイスラム諸国が先進地域でありスペイン、コルドバなど通じてラテン語に翻訳され広まっていた。後期(14から15世紀)は人口増による食料不足、寒冷化による飢餓の常態化、ペストの流行などで人口は1/3に減少した。またこれまで農業本位の封建領主は没落を余儀なくされていった。これが歴史的概観ですが、経済という面からみるとどうだったのか、07年に発売された水野さん**の著作の中から抜粋すると次の通り。「中世では1人当りGDPは概ねゼロ、貯蓄もゼロ、投資による生産増分もゼロの定常状態にあった。投資が教育、福祉、文化等ものをつくることのない投資であった。今でいう労働分配率も一定していたから貴族と農民の関係も恒常的関係にあった」 「現在の日本のドメステック企業の一人当たりの生産性は低下の一方、むしろ成長を目指すのではなく、新中世に入ったと考え、雇用を安定し定常状態で均衡させることが肝要だ」、「グローバル企業においては高成長を目標とすべし」として、二極から考える必要を説いている。歴史をこうした側面からみると面白いことは面白い。ただし成長ゼロでも人々は幸福であったのか、社会が安定していたのかについては言及されていない。当時は教会に納める十分の一税があり、国、封建領主を超えて聖界が俗界も支配していた。宗教が社会を安定させる大きな要素でもあったと思う。このことを抜きにして経済論だけから論じるのはどうかとは思うのだが・・・。
*暗黒時代は14~16世紀のルネサンス期に言われ出した表現のようだ。ルネサンスがギリシヤ、ローマ時代に生まれた芸術の復活再生にあったからこの間を何も良い事がなかった時代と表現したのであってかならずしも暗黒であった訳ではない。この時期、文化の中心は西欧というよりイスラム圏に移っていたのだ。そう考えるならば新しい中世に入ったというより世界の中心は移動しているのだと捉えた方が良いのかも知れない。 **水野和夫「人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか」日経新聞出版社

2018.2.21 資本主義下の現局面
市民講座で水野先生の講義を再び拝聴した。「利子率の長期的低下はマネーの需要縮小を意味する。資本が資本を生み出すのが資本主義とすれば資本主義の限界を意味した」「しかし一方で企業等が依然としてROEなど指標に利益の最大化を狙っている」「こうした現在の局面を先生はどう評しますか?」と質問してしまった。先生曰く「アベノミクスの三本の矢もそうだがドン・キホーテのようなものだ」と即座にお答えになった。こうした内容の答えるだろうとは想像していたが、ドン・キホーテを例に出されたところがシンプルで印象に残る。セルバンテス『ドン・キホーテ』(1605年、1615年)は、騎士道物語の読み過ぎで現実と物語の区別がつかなくなった郷士が自らを騎士と任じ冒険の旅に出る物語である。騎士道物語を成長物語と置き換えてみれば分かり易い引用である。

2015.5.5 資本主義の終焉
水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』集英新書が売れているようだ。先日、水野氏の講演を拝聴した。講演は本書のタイトルと同じで内容も同じであった。以下、要点。資本主義=資本の自己増殖プロセス、自己増殖の成果を図る尺度=利潤率(利子率)=潜在成長率。従来の記録では17世紀初頭のイタリア・ジェノバの成長率は1%台前半。このころ中世地中海世界の資本主義が終わった。なぜ成長戦略がうまくいかないのか。超低金利の21世紀、資本が自己増殖するのは実物投資空間ではなく電子・金融空間しかなくなったから。ここでの成果を図る尺度は利子率ではなく株価となった。信頼、信義のメカニズムがなくなった。どうすべきか。近代システムを越えて、「よりゆっくり、より近くに、より寛容に」という。以上があらましである。
以下、感想。限りなき成長はありうるのか。もう限界にきているのではないか。こんな思いは最近、誰しも感じていることではある。個人個人の生き方の問題としては分かるが、経済論として成長なき社会は国際関係を含めてどのような社会で、今の社会よりより良い社会であるのかどうか納得できる論を立てた人はいない。水野氏にはこの観点からも論じて貰いたいものである。
# by bonjinan | 2009-01-29 21:17 | 文化・歴史