人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧

オランジュリー美術館コレクション展(2019年)

「ルノワールとパリに恋した12人の画家たち」と題したオランジュリー美術館コレクション展(より正確には、ジャン・ヴァルテル&ポール・ギョームコレクション)が横浜美術館で開催されています(2019.9.21~20.1.13)。パリ、オランジュリー美術館は現在、改装中、この間、横浜美術館開館30周年記念として借り受け開催されている美術展。モネの『睡蓮』は観られないものの、パリに行かずしてオランジュリー美術館所蔵の印象派とエコール・ド・パリの作品を一気に鑑賞できます。行って良かった美術展の一つ。以下、メモ。
①クロード・モネ《アルジャントゥイユ》(1875年)
印象派の絵画を象徴するかのような光り輝くヨットハーバーの風景画でした。
アルジャントゥイユはパリの北西約10kmのセーヌ河沿いにある町。シスレー、ルノワールなどの印象派の画家が集まった場所として知られる。
②ルノワール《ピアノを弾く少女たち》(1892年頃)
モネらしい、ルノワールらしい絵が観たい。この美術展ではそんな期待に応えてくれる。もちろんルソーにおいても、マティス、ピカソ、モディリアーニにおいても同じような満足感が得られる。
③アンリ・ルソー《人形を持つ子ども》(1892年頃)
現実には取り得ない姿勢ですがこれがまた違和感なく見せるところが素晴らしい。
写真はあるものをその通りに写す。絵画は対象物に潜む美を表現して初めて人を引き付ける。
《婚礼》(1905年頃)葉っぱ一枚一枚が描かれファンタジックな世界に引き込んでくれる。花嫁の足元が不確かなことから宙に浮いた花嫁とも言われるがそれがまた観る者を引き付ける。
《ジュニエ爺さんの二輪馬車》(1908年)右下に描かれた小さな犬がこの絵の構図に安定感をもたらしている。やはり描くものに無駄がないということだろう。
④マティス《赤いキュロットのオダリスク》(1924-25年頃)
部分部分は原色系の個性的な色だが全体としてみれば色が調和している。
⑤ピカソ《大きな静物画》(1917-18年)
キュビズムを象徴するような絵画。どこから見た構図なのか。でもこれはこれで全体として調和しているから不思議だ。一方《泉のほとりの女たち》(1921年)を観ればこれがピカソの絵かと思わせる。キュビズム以降の画風とまで位置付けていいのかどうか分からないが静かな絵であった。
⑥モディリアーニ《アントニア》(1915年頃)
首が長く、いかにもモディリアーニらしい。
⑦キース・ヴァン・ドンゲン《ポール・ギョームの肖像》(1930年頃)
画商・コレクターであったポール・ギョーム(1891-1934)の肖像画。モディリアーニ《新しき水先案内人ポール・ギョームの肖像》(1915年)、アンドレ・ドラン《大きな帽子を被るポール・ギョーム夫人の肖像画》(1928-29)、マリー・ローランサン《ポール・ギョーム夫人の肖像》(1924-28年頃)と併せてみるのが良いだろう。謎多き夫人ではあったがギョームの死後、彼が収集した絵画をオランジュリー美術館に売却したことで今日、こうした絵画が鑑賞できている。
⑧アンドレ・ドラン《アルルカンとピエロ》(1924年頃)
ドランの代表作の一つ。
⑨ユトリロ《サンピエール教会》(1914年)
ユトリロらしくどこか哀愁ただよう風景。
➉シャイム・スティーン《風景》(1922-23頃)
余りに現実の風景から変形してあってこれは風景といえるのかと首を傾げたくなる。しかしこれは素人考え。スティーンはすべての画家がそうであるように対象物に潜む美、エネルギー、空気感などを表現すべく、しかもほかの画家とは違う表現をもって表現しようと挑戦した結果たどり着いた画風なのだろう。この絵の場合、自然の持つ動的エネルギーを表現したかったのだろう。

(参考展示)ポール・ギョームの邸宅(フオッシュ通り22番地、1930年頃)ミニチュア展示
オランジュリー美術館コレクション展(2019年)_c0192215_18283547.jpg

 ポール・ギョームの書斎
オランジュリー美術館コレクション展(2019年)_c0192215_1834743.jpg

 ポール・ギヨームの食堂

参考:横浜美術館ウェブサイト
 
by bonjinan | 2019-10-20 18:51 | 文化・歴史

2019年、台風19号

台風19号は12日夜から13日未明にかけ東日本を縦断した。強風ばかりでなく、豪雨をもたらし千曲川、多摩川、那珂川などでも堤防が決壊、あるいは水位上昇で溢れるなどして大被害をもたらした。また川崎では堤防が決壊しなくても河川の水位の上昇で暗渠、マンホールなどを通して住宅街に水が噴き出し浸水した。水は高いところから低いところに流れ集まるということで、改めてハザードマップをよく見ておく必要が分かった。今回は私たちの常識も災いした。台風に伴う雨は進行方向の右側で多いとの半ば常識も覆されてしまった。また前回、千葉に大きな被害をもたらした台風15号では強風による被害ばかりが報道され大雨に対する準備が疎かになってしまった気がする。今後の課題としては、気象庁もこうした先入観にとらわれないようにその時その時の台風の性格に応じて的確なアナウンスをしてもらいたいと思うし、大雨情報だけでなく河川の水位情報も併せて知らせて欲しい。北陸新幹線車両基地の水没については、ハザードマップをみればなぜそのような場所に造ったのか、電車を直前にでも移動できなかったのかなど疑問が残るが今となっては後の祭り。ハザードマップを作製し広報していた自治体自ら造った公共施設が水没し大きな被害を受けた例もある。自治体はハザードマップを誰のため、何のため作ったのか言いたくなる。公共性の高い施設、社会インフラ関係の施設については災害対策の見本であるべきもの。早急に再点検して貰いたいと思う。いづれにせよ地球温暖化の影響でこうしたことがこれから頻繁に起こるだろう。身の回りの点検が急務だ。
by bonjinan | 2019-10-14 12:01 | できごと

2019年、ノーベル賞

2019.10.9 ノーベル化学賞に旭化成名誉フェロー・吉野彰氏(71)ら3人が選ばれた。
受賞理由は携帯電話やノートPCなどで幅広く使われているリチウム電池を開発したことによる。充電して再利用できる2次電池は反応性の高い金属リチウムを電極に用いようと多くの研究者が挑戦していたが、繰り返し充電すると性能が劣化し熱暴走を起こすことがあり実用化が難しかった。吉野氏は正極をコバルト酸リチウムとする2次電池を83年に試作し、さらに負極を炭素材料に切り替えることにより現在使われているリチウムイオン電池を85年に完成させた(京都新聞)。
参考:http://www.nobelprize.org

企業所属の研究者がノーベル賞を受賞するのは田中耕一氏に続いて2人目。企業で研究開発している人たちの励みになればと思う。気になるのはこれからもこうした企業人の受賞が出るのかどうかだ。吉野氏の研究開発でみれば34年前の仕事が元になっている。従って30年前から今日に至るまでの企業における研究開発への取り組みがどうなっているかが問題になる。かつて企業は中央研究所を基礎研究、事業部門技術部は既存事業に直結した開発・設計の大枠で動いていた。しかし近年、そうした区分けはなくなり、成果が見通せない研究開発はしなくなってしまった。大学でも同じようなことが起こっていて、成果が見込めない研究はしなくなっているようであり、日本人のノーベル賞受賞候補は枯渇してきていると指摘する専門家が多い。企業も、もちろん大学も、基礎研究はどうあるべきか、原点にたちかえって考えてみることだ。社会を変革するほどに役立つテーマか、そうだとしても流行テーマというだけで取り組みに独創性があるのかどうか。日本企業は欧米企業に企業に比べて生産性が低いと言われて久しい。大いなる目標に向かって果敢にチャレンジして貰いたいと思う。
by bonjinan | 2019-10-09 20:09 | 文化・歴史