AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧

愛宕山

  愛宕山(港区)に行ってきました。
  標高約26m、自然の山としては東京23区内で最高峰。
  山の上には愛宕神社、NHK放送博物館がある。
  NHK放送博物館は戦前、東京放送局(JOAK)のあったところ。
  放送の歴史を知ることができる。玉音盤(副盤)は必見。
c0192215_17202863.jpg

  愛宕神社。徳川家康の命で創建された神社。
  かつて西郷と勝はここで江戸の街を一望しながら江戸無血開城の会談をしたという。
  今は回りに高層ビルが林立し街の景色は見渡せなくなってしまった。
  見晴らしが良いということは下からも良く見えたということ。
  『鉄道唱歌』第1番で新橋の次に出る地名は愛宕山である。
c0192215_17335214.jpg

  愛宕神社参道、男坂。別名「出世の石段」
  (出世の石段の謂れ)
  徳川家光が山上の梅を見て「梅の枝を馬で取ってくる者はいないか」と問うたところ、
  讃岐丸亀藩の家臣(曲垣平九郎)が見事馬で石段を駆け上がり梅の枝を取ってくること
  に成功、馬術の名人として全国にその名を轟かせたという。
  それにしても急な坂である。
  地図で山上と下の道路の標高差を調べてみると約20mだった。
c0192215_18332651.jpg

  愛宕隧道。神谷町と御成門、新橋方面をつなぐ。写真は神谷町側から。
  トンネルの先の右側には愛宕神社とNHK放送博物館に通じるエレベータがある。

  参考:愛宕神社公式ホームページNHK放送博物館ホームページ
  
[PR]
by bonjinan | 2018-03-25 18:56 | 旅、散歩 | Trackback

増上寺の桜

  桜が満開の増上寺境内を歩いてきました。
  東京の桜の名所の一つながらここではゆったり桜を愛でることができます。
  境内には約200本の桜が植えられているという。
c0192215_21434320.jpg
 
  三解脱門(略して三門)
  三つの煩悩(貪:むさぼり、瞋:いかり、痴:おろか)を解脱する門。
c0192215_21564736.jpg

  東京タワーを背景にした境内。正面は大殿本堂。
c0192215_229512.jpg

  鐘楼堂付近の桜。
  江戸彼岸枝垂れ桜がとてもきれいでした。
c0192215_22175445.jpg

  桜と東京タワー。
c0192215_22184455.jpg

  千躰子育地蔵菩薩。
  子供たちの健やかな成長を願い奉納されている。
  子育て地蔵横の道を西に向かうと東京タワー、横は東京プリンスホテル。

  参考:増上寺公式ホームページ
[PR]
by bonjinan | 2018-03-25 08:11 | 旅、散歩 | Trackback

春の芝公園

  久しぶりに芝公園を歩いてきました。
  桜が咲き草花が咲き本当に良い季節になってきました。
c0192215_2335351.jpg

  桜が満開。柳も芽吹いてきました。
c0192215_233771.jpg

  ムスカリ。紅色の花はカラスノエンドウ。
  別の場所にはオオイヌノフグリ、ヒメオドリコソウなどの雑草も。
c0192215_23411366.jpg

  菜の花。広場の隣は芝東照宮、増上寺。

  最寄り駅:都営三田線「芝公園」
[PR]
by bonjinan | 2018-03-24 23:45 | 旅、散歩 | Trackback

満開の桜

  もう桜が満開。
c0192215_16195595.jpg

  写真は大島桜
  桜は一定期間寒さにさらされその後に暖かさを感じると休眠から覚める(休眠打破)。
  今年の冬は寒い日が続き、春は一気に暖かくなったことで開花が早まったのだろう。
  冬暖かいと、春先の気温が高くても開花が遅れることがあると言う。
  ただ近年、開花が早まっているのも確か。
  これ迄に比べ冬はより寒く春はより暖かいの傾向が強まっているのかも知れない。
  かつて桜は入学式の頃に咲いたものだが、今は卒業式の頃となった。
  森山直太朗「さくら」ではまさに旅たちの歌として歌われるようになった。
[PR]
by bonjinan | 2018-03-23 16:35 | 季節の花 | Trackback

黄水仙

  春の日差しに黄色の水仙が輝いていました。
c0192215_1849322.jpg

  キズイセン(黄水仙)?:ヒガンバナ科スイセン属(Narcissus)
  水仙の原産地は地中海沿岸。
  黄水仙は19世紀前半に渡来したと言われている。
  春を告げる花の一つ。なお俳句では黄水仙は仲春、日本水仙は晩冬の季語。

  参考:当ブログ掲載の水仙
  日本水仙房咲き水仙鈴蘭水仙ペーパーホワイト
[PR]
by bonjinan | 2018-03-15 19:00 | 季節の花 | Trackback

幸福度ランキング

国連が20日の世界幸福デーを前に、14日発表した2018年版世界幸福度ランキングでは、1位フィンランド、2位ノルウェー、3位デンマーク、次いでアイスランド、スイスの順だった。日本は54位(昨年51位)。ちなみに主要国では、上記のほかオランダ、カナダ、ニュージーランド、スェーデン、オーストラリアは10位以内で常連国。ドイツ15位、米国18位、英国19位、ロシア59位、中国86位。調査は所得、自由、信頼、健康寿命、社会的支援、寛容の6項目を幸福の主な指標として156か国の幸福度を比較したもの。(出典:CNN.co.jp)
[PR]
by bonjinan | 2018-03-15 18:39 | 文化・歴史 | Trackback

アカシア、ミモザ

 アカシアかミモザか。今、黄色い花の花盛り。
c0192215_13153573.jpg

 ギンヨウアカシア:マメ科ネムノキ亜科アカシア属
 学名:Acacia baileyana F.Muell    Acaciaは属名
 もう少し時間が経つと葉っぱが少し銀色になる。名前(銀葉)の由来でもある。
 類似種
 フサアカシア:マメ科ネムノキ亜科アカシア属
 学名:Acacia dealbata Link
 両者の違い:見た目はほとんど同じ。
 フサアカシアの方が葉が大きく羽片が多く大木になる。
 フサアカシアは香りがあり香水の原料とされることがある。

 アカシアとミモザのややこしい使われ方
 ●ギンヨウアカシア、フサアカシアを「ミモザ」とも言うが俗称。
 葉っぱがミモザに似ているからだが、ミモザは草本。花色もピンクで可憐な花。
 ミモザ(オジギソウ):マメ科ネムノキ亜科オジギソウ(Mimosa)属。
 同学名:Mimosa pudica.L.
 名前は最近、属名で総称することが多くアカシアと言う方が良いのだろう。
 ミモザに似たアカシアということでミモザアカシアと呼ぶ人もいる。
 ちなみにミモザのような葉っぱのネムノキ(合歓の木)はマメ科ネムノキ亜科ネムノキ属。
 ●札幌のアカシア並木のアカシアも俗称。
 明治期に輸入された時、アカシアと呼ばれていたから今でもアカシアと呼ばれている。
 ギンヨウアカシアやフサアカシアの花色が黄色であるのに対してこちらは白色。
 でもアカシアと呼ぶことに根拠がないわけではない。
 正確には、ニセアカシア:マメ科マメ亜科ハリエンジュ(Robinia)属
 学名:Robinia pseudacacia、 和名:ハリエンジュ(針槐)
 種名(ラテン語)の Pseud=良く似た、acacia=アカシア)のアカシアに由来している。
 正確には学名となるが簡略形としてニセアカシア、あるいはハリエンジュが良いだろう。
 時代とともに新しい言葉が生れ意味も変わってくる。
 話す相手と話が通じるかどうかが問題だ。
 (参考:ブログ記事、ニセアカシア)ネムノキ
[PR]
by bonjinan | 2018-03-10 15:32 | 季節の花 | Trackback

よみうりランドの春

  よみうりランド・聖地公園の梅の花を楽しんできました。
  遊園地ならではの梅の花の写真となりました。
c0192215_1745355.jpg

  梅の花と釈迦如来殿(後方、釣鐘型の建物)、ゴンドラ(写真上)
c0192215_17124335.jpg

  梅の花とバンデット
  なお公園には桜の木もたくさんあり。

  参考:よみうりランドHP
[PR]
by bonjinan | 2018-03-02 17:22 | 旅、散歩 | Trackback