人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2016年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

桜、海棠@鎌倉、妙本寺

 鎌倉では桜の開花が比較的早い大町の妙本寺を訪ねた。
 桜は満開。祖師堂前の海棠(カイドウ)は開き始め。
 祖師堂の縁側に腰をおろし静かな境内の雰囲気を楽しんだ。
桜、海棠@鎌倉、妙本寺_c0192215_18535813.jpg

  満開の桜
桜、海棠@鎌倉、妙本寺_c0192215_1857796.jpg
 
  海棠  鎌倉では海蔵寺、光則寺も海棠で有名。
by bonjinan | 2016-03-31 22:05 | 旅、散歩

谷(やつ)の桜@鎌倉・妙法寺

 鎌倉では山すその谷間を谷(やつ)と呼び、山に囲まれた鎌倉にはたくさんある。
 その一つ、松葉ケ谷(まつばがやつ)の妙法寺を訪ねた。
 桜が静かに咲いていた。
谷(やつ)の桜@鎌倉・妙法寺_c0192215_12571257.jpg

 妙法寺仁王門前の桜
谷(やつ)の桜@鎌倉・妙法寺_c0192215_131648.jpg

 妙法寺は鎌倉一の「苔寺」として知られる。
 有名な「苔の石段」(写真は法華堂側から仁王門を望む風景)
by bonjinan | 2016-03-31 22:03 | 旅、散歩

春の花々@鎌倉・大巧寺

 鎌倉、若宮大路に面した大巧寺(だいぎょうじ、別名:おめんさま)。
 いつきても季節の花々が迎えてくれる。    
 利休梅、椿、ヒマラヤユキノシタ、ペチコートスイセンが咲いていました。   
春の花々@鎌倉・大巧寺_c0192215_213222.jpg

 リキュウバイ:バラ科  別名:マルバヤナギザクラ  英名:Common pearlbush
 日本に入ったのは明治末期ですが茶花と利用されたため利休梅と名付けられたという。
 但し大巧寺さんの利休梅は侘び寂びの世界を連想させない華やかさがある。   
春の花々@鎌倉・大巧寺_c0192215_21102854.jpg

 ツバキ:ツバキ科   英名:Camellia
春の花々@鎌倉・大巧寺_c0192215_21124829.jpg

 ヒマラヤユキノシタ:ユキノシタ科   英名:Himalayan creeping
 よく見るユキノシタ(雪の下、ユキノシタ科)は白く小さな花を下向きに付け、湿った岩肌
 に咲く。原産地:ヒマラヤとその周辺
春の花々@鎌倉・大巧寺_c0192215_21242317.jpg
 
 ペチコートスイセン:ヒガンバナ科  英名:Hoop Petticoat Daffodil
 キバナスイセンに近いが花の形がスカートのようなのでこの名前に名付けられている。
by bonjinan | 2016-03-31 21:48 | 季節の花

ムスカリ

 公園の花壇にも春の訪れ。ムスカリが咲き出しできました。
ムスカリ_c0192215_1812179.jpg
  
 ムスカリ:ユリ科  英名:grape hyacinth
 原産地は地中海沿岸、西南アジア。ヒアシンスと近縁で両方とも球根植物。
 群生するとみごと。

 
by bonjinan | 2016-03-30 18:14 | 季節の花

木瓜(ボケ)の花

 春分の候。春を祝うかのように木瓜(ボケ)の花が満開に。
 きれいな花たちが咲き競う春はやはり一番良い。    
木瓜(ボケ)の花_c0192215_8311089.jpg

 ボケ:バラ科   英名:flowering quince
 名前の由来は実の形が瓜(うり)に似ていて木になる瓜という意味からきている。
 もっけ、あるいは、もけとも読み、訛ってボケに転じたと言われる。
 ところで日本の代表的家紋の一つに木瓜紋(もっこうもん)がある。
 こちらは胡瓜(きゅうり)の断面のかたちとか雲雀(ひばり)の巣を上からみた図柄とか
 言われている。
 
by bonjinan | 2016-03-21 16:46 | 季節の花