AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2014年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧

人体ミクロの大冒険

NHKスペシャル”人体ミクロの大冒険、プロローグ、ようこそ!細胞のミラクルワールドへ”が昨夜放送された。人はどうやってつくられるのか、太りやすさの秘密解明、頭を良くする細胞をテーマに、その主役となっている細胞の働きを、最新のバイオイメージング技術を使った映像で解説してくれた。ここでは頭を良くする細胞について。あらまし次のように記憶している。人の身体には200種、60兆個の細胞がある。脳の中にはおよそ800億個の神経細胞(ニューロン)があり、シナプスと呼ばれる接合部で結ばれニューラルネットワークを形成しコミュニケーションしている。その接合部として最も重要な役割りを持つのが突起状のスパインと呼ばれる部位だという。刺激を受けるたびにネットワークは複雑になっていくが、年齢が増えるとともにスパインにLynx1という物質が発現してスパインの動きを止める。それも10代のうちに。スパインが活性化したままだと細胞自体が死滅してしまうからだというが、脳の細胞は生まれてからほとんど変わらないから、この時点でネットワークの基本構造が固まる、言い換えれば頭の良い悪いの基本が決まるというのだ。(とっくに成長が止まっていることも知らずに最近馬鹿になって物忘れがひどいなどと平気で言っていることに恥じる)。しかしところがここからが細胞の凄いところ。細胞に刺激が伝わるたびにその経験の蓄積により学び、神経細胞の伸びた部分(軸索)にそれを太くする物質を巻き付きつかせ(ミエリン化)、情報伝達を高速化するという。すなわち頭の良い悪いの基本は決まっていても頭を使えば使うほど頭は良くなる可能性があるのだという。もっともそれも青年期においてのようだが・・・。(最近馬鹿になったと言うのは最近頭を使っていないと言っているようなもの、自業自得ということだネ。人のために精一杯働こうとしている神経細胞たちにに感謝し、特に年をとったら、明るく建設的なところにどんどん頭を使わないと細胞も不幸だネ。)

2014.4.5 第2回”あなたを変身させる!細胞が出す”魔法の薬”
私たちをつくる60兆個の細胞は、思春期に一斉に変身する。GnRH細胞から出されるホルモンが卵巣に行き、卵巣からは女性ホルモンを排出し受容体を持つ細胞を変化させることで、子孫を残す体へ変身させる。子供ができると、オキシトチン細胞からホルモン(オキシトシン)が分泌され生まれた子への愛情を深めさせるという。まるで子孫を残すために細胞が意志をもっているかのごとく働いているという。ではこうした変化、働きは人間の意志ではどうにもならないほどに始めから決定づけられているのだろうか?最新研究からは、ホルモンは体を変え調整しているだけではなく、心をも操っていることが分ってきたという。この結果に基づきまた利用した自閉症治療が試験的に行われているという。鼻からオキシトチンを吸引して貰った結果、対人関係においてかなりの改善がみられるという。ご苦労されておられる方々の思い意志は細胞にしっかり伝わって欲しい。

2014.4.6 第3回”あなたを守る!老いと戦う細胞”
老いはこれまで全身がしだいに衰えていくことと考えられていたが、最近の研究で免疫細胞の老化に伴う免疫能力の低下が大きく関与していることが分ってきた。免疫細胞は約2兆個あり種類はさまざまだが特に重要なのは異物かどうかを見分けるT細胞、樹状細胞が捉えた異物等を判断し、異物であればマクロファージに攻撃命令を出す。ただしT細胞がきちんと働くのは生まれてから20年、運動により活性化することはできるとは言え次第に働きが悪くなる。。(悲しいかな、子孫を残すべき時期を過ぎること、それが寿命と宿命ずけられている) 問題はここから。T細胞とともに全身の細胞が老化するのであれば仕方ないが、T細胞の機能低下とともにT細胞が暴走し誤った命令を出し、身体の正常な細胞までも攻撃することがあるのだという。例えば動脈硬化、かつてはすべて脂肪の蓄積の結果と考えられていたが、マクロファージが正常細胞までも攻撃し続けた結果である場合もあるというのだ。もしかしたら、遺伝的要因を別にすればこのT細胞の暴走による誤判断、誤命令が各身体部位の病気を引き起こしている可能性もあるというのだ。ならば老化するだけで増やすことのできないT細胞をなんとか元気なT細胞に再生し体に戻せないか?ここで期待されるのがiPS細胞。老化したT細胞をiPS細胞化し次に人工T細胞化することが構想されているという。もしかすると何とか病と名のついた病気が激減する可能性もあるというのだ。期待します。
[PR]
by bonjinan | 2014-03-31 07:46 | 健康 | Trackback

アンチエイジング論争

坪田一男『アンチエイジング・バトル最終決着』朝日選書(2014.3)を読んだ。
健康で長生きしたいという人々の願いに答えるいろんな説が氾濫している。困ることに相反す説が氾濫していることから何を信用してよいのか分からなくもなっている。本書はYES、NOの両説を紹介し、結論としてはどう考えたら良いかといった構成で書かれている。結論は最終結論とまでは言えないだろうが、現状としてはどう考えるべきかの指針を与えてくれる。もし極端な説を信じていたとすればもう一度考え直す機会になるかも知れない。例えば、水はたくさん飲むべきか?YES説、水不足→ドロドロ血→高血圧・心筋梗塞・脳梗塞・緑内障。NO説、水分が十分排泄されない状態で、水分をとりすぎれば害がある。漢方でいう「水毒」がむくみ、腎炎などを引き起こすなど。結論、1日2リットルが基本だけれど・・・・など。
[PR]
by bonjinan | 2014-03-28 20:10 | 健康 | Trackback

大黄花片喰(オオキバナカタバミ)

   葉っぱはクローバー(マメ科)、花は朝顔(ヒルガオ科)に似た花がある。
   大黄花片喰(オオキバナカタバミ:カタバミ科)だ。
   良く見るとクローバーの葉っぱはほぼ丸いのに対してハート型をしている。
   朝顔の花弁はくっついている(合弁)に対して離れている。
   道端などで地面を這うように繫茂し、毎年、今ごろの季節に咲く。
c0192215_12255645.jpg

   オオキバナカタバミ:カタバミ科 一般名:オキザリス
   カタバミとの違いは花が大きく、葉っぱに紫色の斑点があること。
   なおカタバミは、傍食、葉や茎に酸を含むことから酢漿草とも書く。 

関連ブログ記事:オキザリス・トライアングラリス  
    
[PR]
by bonjinan | 2014-03-26 12:40 | 季節の花 | Trackback

松葉菊(マツバギク)

   葉は松葉牡丹(スベリヒユ科)のような多肉質、花は菊(キク科)とそっくり。
   松葉菊(ツルナ科)。
c0192215_1674017.jpg

   松葉菊(マツバギク:ツルナ科) 別名:仙人掌菊(サボテンギク)
   日が当たっていると開いているが曇天、夜になると閉じる。
   生命力があるらしく地面を這うように花壇一杯に広がっていく。
     
[PR]
by bonjinan | 2014-03-26 10:58 | 季節の花 | Trackback

連翹が満開 sanpo

   連翹(レンギョウ)の花が満開。
   黄色い花がにぎやかに咲き春本番と告げているようだ。
   ところで今日25日、気象庁は「東京の都心でサクラが開花した」と発表した。    
c0192215_1541085.jpg
   
   レンギョウ:モクセイ科
[PR]
by bonjinan | 2014-03-25 15:50 | 季節の花 | Trackback

鈴蘭水仙

   春の訪れを告げる草木が次々と開花してきました。
   葉っぱは水仙、花は鈴蘭、鈴蘭水仙も咲き出してきました。
c0192215_1632954.jpg

   スノーフレーク:ヒガンバナ科 和名:鈴蘭水仙(スズランスイセン)
   可憐な花ですが、鈴蘭、水仙と同じく有毒物質を含んでいるという。
[PR]
by bonjinan | 2014-03-24 16:40 | 季節の花 | Trackback

椿がみごろ sanpo

   古代から日本人を魅了してきた「椿」が見ごろ。
   『日本書紀』に記録が残され、江戸時代には多くの園芸品種が作られた。
   字のごとく春を代表する木花になっている。
c0192215_9541868.jpg

   ツバキ(椿、海石榴):ツバキ科ツバキ属の総称 学名:Camellia japonica
   花ごと落ちることから忌み嫌う人もいるが幕末から明治以降の流言とのこと。
   歴史を遡ればむしろ良い意味で使われてきた。
   茶会では茶道に由来することば「一期一会」をぴったり表現できる茶花として好まれる。
   また長生きを意味する「椿寿」(ちんじゅ)というお目出度い言葉もある。

   参考:2010.3.11ブログ「氷室椿庭園@茅ヶ崎」
    
 
[PR]
by bonjinan | 2014-03-24 12:25 | 季節の花 | Trackback

江戸彼岸桜

  「江戸彼岸」桜が満開。
  「梅の花咲きて散りなば桜花」 万葉集、作者:薬師張氏福子
   温かくなり春の花々が次々と咲き出してきた。
c0192215_14132227.jpg
 
   江戸彼岸、名前の通り春のお彼岸のころに咲く。
   桜の野生種の一つで、染井吉野はこの系統の園芸品種。
[PR]
by bonjinan | 2014-03-22 14:14 | 季節の花 | Trackback

菜の花@浜離宮

   ぽかぽか陽気に誘われて浜離宮恩賜庭園を歩いた。
   約30万本と言われる菜の花が美しい。
c0192215_1631287.jpg

   菜の花の匂いがあたり一面から漂ってくる。
c0192215_16324275.jpg

   温かさを感じ一気に伸びたようだ。

   参考:浜離宮恩賜庭園ホームページ
[PR]
by bonjinan | 2014-03-16 17:01 | 旅、散歩 | Trackback

東日本大震災から3年

東日本大震災(2011年3月11日14時46分)から3年。避難生活者がほとんど減っておらず、東日本大震災の復興を元気な日本を取り戻す象徴としたいという願いもまだ数字の上ではっきりと表れていない。また外形上の復興が進んだとしても仕事の場がなくては本当の復興は進んだことにはならない。日本共通の課題として復興に取り組んで欲しい。
<被害状況>
死者(全国):1万5884人、行方不明(全国):2633人 (14/3/10)
震災関連死(岩手、宮城、福島県):449人(11/3/18)→3000人超(14/3)
避難者数(全国):32万8903人(11/11/17)→26万7419人(14/2/13)
仮設住宅入居戸数(全国):10万4050戸(1年前比-1万5278戸)
災害公営住宅完成戸数(3県の進捗率):2347戸(8.6~9.7%)
がれき処理量(3県進捗率):岩手533万トン(96%)、宮城1845万t(98%)、福島197万t(56%)
<経済指標>
名目国内総生産(GDP、年率):震災前481.3兆円(10年10~12月期)、震災後464.9兆円(11年4~6月期)、現在481.1兆円(13年10~12月期)
鉱工業生産指数:震災前100.0(10年)、震災後85.8(11年3月)、現在97.0(13年)
<その他>
復興庁ホームページで復興状況を予算との関連(予算、進捗状況(含む問題点)、支出実績)でをみようと思ったが良く分からなかった。参考:復興庁ホームページ
[PR]
by bonjinan | 2014-03-11 16:25 | 政治・経済 | Trackback