人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

RCEP

ASEAN(東南アジア諸国連合:10か国)と日本、中国、インドなど16か国は30日、カンボジアで経済相
会合を開き、貿易、投資の自由化を進める「東アジアの包括的経済連携協定」(RCEP)の交渉を11月に
始め、2015年末までに妥結を目指すことで合意したようだ。米国、EUに匹敵する消費地に成長しており、
わが国にとって対象地域との貿易は全輸出入の約5割(133兆円)を占めていることからも意義がある。
環太平洋経済連携協定(TPP)については関税の全廃などハードルが高いのに対して、RCEPは例外が
認められるので参加しやすい。ただ域内各国をみると大きな貿易不均衡があり、国情の大きな違いあり
で、具体的交渉になるとそれでもまとまり難いとも言われている。どの経済連携においてもそうだが、一
方的に輸出を増やしたいとなると行き詰ってしまうのであり、互恵の精神を柱にして、何段階かのステッ
プを踏んで進めることが必要だろう。気長にしかも確実にが肝要である。

  
by bonjinan | 2012-08-31 14:01 | 政治・経済

防災の日

防災の日(9月1日)を前にして、国の有識者会議は、南海トラフ(駿河湾から九州東方沖までの約700Km
にわたって続く深さ約4000mの海底のトラフ(くぼみ)で起こるとされる巨大地震の想定被害を発表した。
最悪クラス(M9.1、震度7)では、最悪32万人死亡、東日本大震災の1.8倍の1015平方kmが津波で浸
水するだろうとしている。一方、発生した場合でも、迅速に避難すれば死亡者も約1/5に減らせると述べて
いる。東日本大震災同様の自然災害はこれまでも何回か起きていたのだが、平穏な日々が続いている間
に、また現実の生活の中で経済性が優先せざるをえないことから忘れ去られることが繰り返されてきた。
経済規模が小さく、経済交流が少なかった時代には、被害が発生した地域の被害で済んでいたが、現代社
会ではその影響が発生地域にとどまらず日本中に世界中に影響するようなってきた。被害を最小限にとど
めるための費用を日ごろから必要コストとしておくこと、若し災害が発生したらどう行動するかの訓練が今ま
で以上に重要になってきた。先ずは身近なところから防災、減災点検し、自然との付き合い方を考える日と
したい。
(参考)東北地方太平洋沖地震:M9.0、最大震度7、震源の深さは約2400m、震源域は岩手県から茨城
県沖の南北約500km、東西約200kmに渡った。
by bonjinan | 2012-08-30 20:06 | 生活

夏の花、日々草

    炎天下でも元気に咲く、ニチニチソウ(日々草)。但し、水をたっぷりかけての話。
    ほおっておけばすぐ萎れてしまう。良く水を吸う花だ。
    花は毎日毎日、次々と咲くので日々草と言われる。ふつう一日花と言われているが
    数日萎れないようにも思える。良く観察しないと正確なことは言えない。
c0192215_9115468.jpg

    ニチニチソウ(日々草):キョウチクトウ科   英名:Periwinkle 
by bonjinan | 2012-08-24 09:16 | 季節の花

円筒分水

   先日、府中街道を走行中、「円筒分水」という看板が目についた。
   毎日暑い日が続き水辺が恋しくなり立ち寄ってみた。
   流れる水を見ているだけなのだが、幾らか涼しい気分になってくる。
c0192215_8473729.jpg

   二ケ領用水久地円筒分水
   多摩川から取り込んだ水を、堰を設けて地下水路を通して中央の円筒から湧き上げさせ、
   灌漑面積に比率させた円周上の開口部から、4本の水路に分水する設備。稲作が盛んだった
   ころ、用水を獲得するための水騒動が絶えなく、木製の分量樋にかわって1941年に造られた
   とのこと。川崎市で初めての国登録有形文化財(建造物)。
   Webサイトで調べてみると、方式の違い、規模の大小はあるが、全国各地にこのような円筒
   分水があるようだ。争いごとを鎮めるためにはやはり客観的にみて公平な基準が必要という
   ことを教えてくれる。 
   引用:川崎市教育委員会ホームページ 
   関連ブログ:2010.1.22”次太夫堀公園”
by bonjinan | 2012-08-23 09:19 | 旅、散歩

夏の花、ノアサガオ

    毎日、暑い日が続く。
    ノアサガオ(別名;リュウキュウアサガオ)、アメリカデイゴがこの炎天下でも元気。
c0192215_13275684.jpg

    ノアサガオ(別名:琉球アサガオ:ヒルガオ科。
    観賞用アサガオと違って朝から夕方まで炎天下でも開花している。野生種で宿根性。
c0192215_13365821.jpg
  
    アメリカディゴ:マメ科
    沖縄県花デイゴは同じマメ科だが別種。  
by bonjinan | 2012-08-22 13:39 | 季節の花

メダリスト銀座パレード

ロンドン五輪メダリストの銀座パレードで50万人の人出とか。
尖閣、竹島問題、混乱が続くだけで何一つ新しい展望を導き出せない政治等々、うっとおしい話しばか
りが続いているのだが、皆が楽しい気分、ハッピーな気分になれることにはこれだけの人が足を運ぶん
だと言うことを改めて知る。日本人にはまだエネルギーがあるんだと思わせてくれる。
元気な日本を取り戻すには、達成すれば皆が喜べそうなことにエネルギーを結集することに眼を向ける
べきだと思えてくる。振り返ってみると、失われたという10年間、デフレ脱却、成長戦略等々、言い続け
ながら何もできてこなかった。結局、皆が動いてみようという気分になれる施策でなければ何も変わらな
いということだ。わが国が楽しい活気ある国になれば、中国、韓国は尖閣、竹島問題などばかばかしい
話しだと気づくであろう。本質的解決はそれしかないのではないか。
by bonjinan | 2012-08-21 10:11 | 生活

花火大会

今日は、川﨑市多摩川花火大会、世田谷区たまがわ花火大会。
旧盆が過ぎ、花火大会が終わり、こおろぎの鳴き声を聴くと秋近しの感。
c0192215_20545674.jpg

by bonjinan | 2012-08-18 20:56 | 生活

ラーゴムとオムソーリ

信濃毎日新聞に東大名誉教授・神野直彦氏へのインタビュー記事が載っていた。先生のお好きだというスウェーデン語の「ラーゴム」、「オムソーリ」という言葉がでいた。「ラーゴム=lagom」は”ほどほど”という意味、「オムソーリ=omsorg」は”分かち合い”という意味なのだそうだ。記事にはあらまし次のようなことが書かれていた。「中国、インドなどの新興国の高度成長も、先進国に追いつくまでの話。追いついた途端に行き詰る」、「2010年の日本の貿易で赤字を出しているの、
中国・香港、韓国でもない。フランス、イタリア、スウェーデン、フィンランドなどデザイン力、技術力を武器にした国」、「量より質」、「3.11以降、大切なのは人間の命であり絆であることを知った。共同の困難、不幸に対しても自分もその解決者として参加したいと思う人が多くなった」など。過去の成功体験を振り返り、夢よもう一度ではなく、成熟社会に叶った量から質への転換、およびライフスタイルの見直しを真剣に考えるべき時にきているのだろう。
by bonjinan | 2012-08-18 12:30 | 政治・経済

夕立の後、涼しげなアブチロン

毎日、暑い日が続く。洪水は御免だが涼風をもたらしてくれる夕立が欲しい。
写真は先日、夕立の後に撮った庭先のアブチロン(別名:ウキツリボク)。
c0192215_1113327.jpg

by bonjinan | 2012-08-17 11:17 | 季節の花

竹島、尖閣問題

韓国の李明博大統領の竹島訪問、その後の対日批判、天皇への謝罪要求、及び批判(「天皇は韓国
を訪問したがっているが、独立運動で亡くなった方々を訪ね、心から謝りなさい」「『痛惜の念』なんて
言葉一つ持ってくるなら来る必要はない」)、加えて香港の活動家の尖閣諸島・魚釣島への上陸と言い、
いやな事件が続く。特に、韓国大統領のヒステリックな発言には驚く。冷静にアジアを見れば、アジアは
EU、米国を凌ぐ消費地になっているのだ。対米、対欧州輸出による成長から、アジア域内での成長維
持を考えなくてはならない時期にきている。敵対的関係は利するところが何もないと思うのだが・・・。
残念な動きだ。
参考:2012.7.1ブログ”地域統合”
参考:塩川伸明『民族とネイション』岩波新書(2008.11)より抜粋
「政治家が打算的思惑に基づいて民族主義感情を動員することは珍しくないが、その結果として、当初
予期されていた規模を超える自己運動現象が起きて、歯止めが利かなくなることも珍しくない。」
by bonjinan | 2012-08-16 20:00 | 政治・経済