AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 12 )   > この月の画像一覧

消費増税法案

消費増税法案(14年4月8%、15年10月10%)が30日、閣議決定した。
まず消費税が財政健全化にどのような寄与をもたらすのか点検しておきたい。
2012年度に見込まれる税収は42.3兆円、内訳:所得税13.5兆円、消費税10.4兆円、法人税8.8兆円
これら基幹3税を合わせた合計は32.7兆円で税収の8割弱。一方、歳出は90.3兆円(特別会計にした東日本大震災復興費用3.8兆円、年金負担分2.6兆円を加えると約96兆円)なので約50兆円を国債に依存する構造になっている。基礎的財政収支(PB:プライマリーバランス)からも程遠い。消費税を1%と上げると国と地方合わせ年2.7兆円(現在は国4%、地方1%の配分→将来7.8対2.2)の増収になるとされる。10%にすると年13.5兆円ということになる。国と地方を合わせたPBでは10年度
で28.6兆円の赤字であり、消費税が10%となる15年度でみても依然としてPBは赤字、債務残高が増え続ける。政府は「経済成長率を名目3%、実質2%程度」の政策目標を打ち出し、日銀は物価上昇率1%を目標とすると発表した。政策目標設定により、為替相場、株式市場では一定の効果があったとされるが、過去10年間で名目成長率3%を超えたことはなく戦略の中身があるわけではない。金融政策に期待する人がいるが日銀にできることは金融緩和位なものだがそうでなくても金余りの状況にあるから投機的投資に金が向かい新たな金融危機を引き起こす元凶にもなる。また財政規律を乱す。良いことはない。結局、財政再建(社会保障制度改革、ムダの削除、増税)、成長戦略の中身に地道に取り組むしかない。ただ我々国民の一番違和感を感じるのは増税議論だけが先行していることだ。「社会保障と税の一体改革」の社会保障の方はどうなったのか、どのようなスケジュールでどうしようとしているのか、ムダの削減で期待を持たせ(もともと行政に携る者の規律の問題程度なのだが)、「なぜ2位ではダメなのか」(これは産業政策とも関連する)で物議をかもした事業仕分けはどうなったのか、PBについてはどう考えるのか、もっとも大事な成長戦略としての産業政策はどう考えているのか。もっとも深化した議論を有する部分について継続的議論もなく、起承転結もなく、ケジメもないままに政治が行われていることが一番の問題だ。
[PR]
by bonjinan | 2012-03-31 08:20 | 政治・経済 | Trackback

104歳のおばあちゃん

104歳の看板娘~ハワイ日系移民の営み~が3/25、BSジャパンで放送された。
ハワイ島で食堂を営む日系二世・手島静子さんの物語だった。
静子さんの生き様は我々が忘れてしまった日本人の根源的精神を呼び覚ましてくれる。
「今ごろになって、やっとわかることばかり!」、「この歳になっても知らないことばかり」。
この謙虚な姿勢に驚かされます。
「てしま食堂」を開き仕事一筋の人生だったようですが、今では静子さんをグランマ(Grandma!)
と慕いローカル(地元の人)はもとよりアメリカ本土、日本からも多くの人たちが訪ねてくるとのこと。
「こらえて、こらえて、たえて」
「自分が今、できることを一生懸命にやる。それが、生きる、ということです」
お客さんに気配りしながら日々誠実に生きる、そんな生き方が人の心を引付けるのだと思います。
頭では理解できてもなかなか実践できないこと。年輪を積み重ねた人の言葉には重みがあります。
「今なら親孝行がいっぱいできる。でも今はもう、父も母もいない」
筆者もせめて親が生きている間にじっくり話を聞いておけば良かったと思う。
引用:手島静子『104歳になって、わかったこと』イースト・プレス(2011.8)
[PR]
by bonjinan | 2012-03-29 10:34 | 読書 | Trackback

春の花々、土佐水木ほか

   ようやく春らしい陽気になってきました。
   川﨑市緑化センター(川﨑市多摩区)で撮った春の花々です。
c0192215_18565163.jpg
  
    山茱萸、サンシュユ(ミズキ科) 秋には赤い実をつける。
c0192215_1901169.jpg

    土佐水木、トサミズキ(マンサク科) 名前の通り高知県に自生するという。
c0192215_1914861.jpg

    日向水木、ヒュウガミズキ(マンサク科) トサミズキより小ぶり。
c0192215_194131.jpg

    シナ連翹、シナレンギョウ(モクセイ科)
c0192215_196497.jpg

    三椏、ミツマタ(ジンチョウゲ科) 樹皮は代表的な和紙の材料。
c0192215_1985767.jpg

    馬酔木、アセビ(ツツジ科) 
    葉に有毒物質を含み馬が食べると酔ったようになるとかで名付けられている。
    地方によっては、しかくわず、うまくわず、ししくわず、とも呼ぶようだ。
c0192215_1910984.jpg

    梅、ウメ(バラ科) ピンクと白の花が咲く”思いのまま”と名付けられた梅。

関連ブログ:2012.2.19記事「春先の花、マンサク」
[PR]
by bonjinan | 2012-03-28 12:28 | 季節の花 | Trackback

時刻社会

現代社会はかくも時間を気にして動かなければならないのだろうか。
古東哲明『瞬間を生きる哲学』筑摩書房(2011.3)に時間にまつわる面白い話が書いてある。
「時間規律が励行されるようになったのは18世紀、産業革命によってだった。日本においてはこれよりかなり遅れ大正期の中頃(1920年前後)だという。それまでは「どき」程度の時間感覚だった。」例えば昼時(ひるどき)、お昼のころ程度のアバウトな感覚で世の中は動いていたのだが、近代産業社会が進展しタイムカードが導入されるとともに「時間厳守」が当たり前になってきた。今瞬間を空しく過ごしているだけなのではないか。そんな観点からせわしない現代社会を点検している。1秒1刻を問題視する現代社会をどう記述しているのだろうか、抜粋してみたい。「世界は『速度』に支配されている。より速く、より遠くへ走るように。それに拍車をかけるのが自由主義経済体制、つまり資本主義的産業構造である。その正体を『前望構造』(project)と看破したのは、G.バタイユだ。projectとは語義的には『前に(pro)+投げること(jacere)』。投機、生命保険、貯蓄利子、年金、株主配当にみられるように、資本主義経済システムは、未来の利得や成果をあてにし、いまこの時この場で味わえる悦びや成果はお預け式の経済構造である」と。ニヒルな物言いだが事実だ。企業が存続するためには適正な利潤をあげなければならない。しかし最近の企業活動は利益の極大化が目的化し本当は何をしたかったのさえ忘れさせるほどに将来の保険としての利益獲得に邁進している。見方を変えれば極めて禁欲的なのだ。これから時価主義会計が厳密に運用されるようになれば本業とは直接関係のない時々刻々変わる資産価値の変動にまで気を配らなくてはならなくなるだろう。未来のために今をもっと空しく過ごさなければならない。著者は瞬間を生きるか、生きないかの二者択一を迫っているわけではない。刹那的な生き方を推奨しているのでもない。今日この時を充実したものにするために瞬間瞬間をどう生きるかを考えてみて欲しいと言っているのだと思う。
参考:2011.1.31ブログ”セネカの言葉”
補足
江戸時代には「不定時法」といって、日の出と日の入りを基準に昼夜を等分した漠然とした時間単位で生活していた。例えば、寺子屋の授業、子供たちが同じ時刻に集まるわけではなかったので「一斉授業」にはなりえなかった。「個人授業」が基本形だったようだ。オランダなどの幼児教育をみるとまさにこの複式授業。これが本来の教育の姿なのかもしれない。一斉授業、すなわちベルトコンベア式の授業は時間を気にする近代の産業社会がもたらした形といえる。
[PR]
by bonjinan | 2012-03-27 10:10 | 読書 | Trackback

小水力発電

小水力発電とは概ね1,000kW程度の発電で(これ以下のミニ発電などを含めて)農業用水の利用が注目
されている。先日、長野に旅行したおり地方紙を覗いたところ「土地改良区で小電力発電に適した場所を
調査」というような記事が載っていた。最近、農業といえば都市農業ばかりが喧伝されるされるのだが地方
の農業の衰退は語るに語れない状況にある。土地改良区は農業用水の整備維持などを目的とした組合だ
が農業を離脱する人、後継者難などで頭割りとなる賦課金が上がり組合を維持できなくなっているようだ。
そんな中、小水力発電が電気料の削減、売電収入による経費補てんなどで注目されている。政府は産業
界の要請などで原発再稼働ばかりを話題にしている(電力を大量に消費する産業が自ら発電に乗り出そう
としないのも不思議)のだが、こうした小さな積み重ねといったものをどう考えているのだろうか。
水力発電は電気エネルギーへの変換効率がもっとも高い。火力・原子力発電の約30%、火力の中でも最
も高いとされる排熱回収式コンバインドサイクルでも50%強とされるのに対して水力は約70%なのだ。
P(kW)=9.8×Q(㎥/s)×H(m)×η P:電力、Q:流量、H:落差、η≒0.72(効率) すなわち水力発電は
一定の流量、落差があれば発電できる。しかも一定の流量さえあれば昼夜に関係しない。大量生産大量
消費経済から生活に根差した内需拡大、薄利多売の大艦巨砲的経営から付加価値の高い商品・サービス
への転換が求められている昨今である。小さなことでも意義あることにももっと注目すべきだ。
参考:全国土地改良事業団体連合会ホームページ
[PR]
by bonjinan | 2012-03-25 09:50 | 政治・経済 | Trackback

善光寺参り

 何年ぶりかで善光寺参り。
c0192215_20574788.jpg

 本堂。本尊は一光三尊阿弥陀如来様(絶対秘仏)、御身代りとしての前立本尊も7年に
 1度の御開帳の時だけ公開されるだけ。現本堂が再建されたのは1707年。
 建築様式は撞木造りと分類されているが正面からみた構成をみると下層は神社様式、
 上層は寺院様式とも見える。再建されたのは神仏混合の江戸時代であり、また開山し
 た本田善光が神様、ご本尊が仏様と思えばより分かったような気になる。
c0192215_2058586.jpg

 山門楼上からみた境内。楼上には文殊菩薩像が安置され「知恵の門」とも呼ぶ。
 楼内の撮影は禁止ですが外の景色はお許し頂いた。写真奥は仁王門と門前町。
c0192215_12331568.jpg

 同じく山門からみた右手、大勧進。
 善光寺は無宗派の寺院だがこの大勧進(天台宗)と大本願(浄土宗の尼寺)、及び39の
 院坊で護持されている。
c0192215_2058621.jpg
 
 参道(仲見世通り)。土産屋さん宿坊には岩手県大槌町吉里吉里中学御一行と書かれて
 いた。長野の学生の大槌町でのボランティアが縁で生徒さんたちを招いたようだ
[PR]
by bonjinan | 2012-03-23 09:15 | 旅、散歩 | Trackback(1)

ボルカー・ルール

オバマ政権は今年7月以降、金融機関に対してリスクの高い取引を禁じるいわゆる「ボルカー・ルール」を実施する予定でいる。その一つとして米国以外の国が発行した国債の短期売買を禁じる可能性があることで金融界では大きな話題になっている。新聞の片隅に「ガイトナー財務長官は20日、米下院委員会での議会証言で、日本国債などの取引に影響が出ないように対策をとる可能性を示唆した」とあった。日本政府、欧州委員会が「国債の取引量が減り発行金利が上がる懸念を表明している」ことに対する見解であると思う。ボルカー・ルールはリーマンショックをうけて金融規制案として2010年1月オバマ大統領から提案されたものだが、こうした議論をみているとリーマン・ショックの本当の反省の上に立っての議論とは思えないのだ。投資者が見届けられないあまりに複雑な金融商品こそが金融危機をもたらしたのではなかったのか。実体としてわが国バブル期における営業特金、ファントラのようなものが危機をもたらしたのではなかったのか。日本でも今またAIJ問題が起きていることからみても投資家に投資実態が見えるようにする規律付けこそが重要なのではと思っていたのだが。もっと広い観点でみれば米国はそれで良いとしても米ドルが国際取引での利便性から好むと好まざるにかかわらず基軸通貨となっており時に米国債も買われている状況を差し置いてのあまりに身勝手な議論なのではと思える。この議論を突き詰めていくと貿易取引から約100倍も拡大してしまった金融取引をどう制御するのか、また米ドル集中の基軸通貨をどう考えるべきかの問題にもなる。
※ボルカー・ルール:第12代FRB議長、現大統領経済回復諮問委員会委員長が提案しオバマ大統領が「ボルカー・ルール」と呼ぶ銀行規制案。商業銀行に対してヘッジファンドおよび未上場企業への投資やその所有を禁ずるもの。為替スワップができなくなるなど流動性が損なわれるとして批判も多い。
参考:YAHOOニュース

追加2013.12.11日経
米連邦準備理事会(FRB)など米金融当局は10日、ボルカールール(銀行の市場取引に対する規制)の最終案を発表した。かねて問題とされていた銀行の自己資金による取引規制の対象から日本国債など外国国債の取引を原則容認するとなった。ただし海外拠点などに限って認めるとあるが詳しい内容は分かっていない。その他、銀行の自己資金による短期投資の制限、ヘッジファンドへの出資規制などあげられているがこれも運用面でどの程度の規制なのかはわかっていない。一般論として正常な金融取引においてもリスクを回避するための行動が伴うので線引きは難しい。
[PR]
by bonjinan | 2012-03-23 09:00 | 政治・経済 | Trackback

若者の深刻な雇用状況

3/19のNHKニュースで”若者の雇用、深刻な状況が浮き彫りに”が放送された。
全国のすべての学校を対象にした就職調査や雇用保険の加入状況などを基に内閣府が推計したものとの
ことで、「おととしの春、学校を卒業した人の内、就職できなかたり早期に辞めたり人が大学・専門学校では
およそ2人に1人、高校ではおよそ3人に2人に上っている」との深刻な内容であった。
数字の中身では、「大学・専門学校を卒業して就職した人56万9000人、内19万9000人は早期に仕事を
辞め、14万人は卒業しても無職だったりアルバイト、中退した5万7000人を加えた数字」、「高校を卒業し
た人は18万6000人、内既に辞めた人7万5000人、10万7000人は卒業しても無職、これに中退した5万
7000人を含めた数字」。
文科省から昨年発表された「学校基本調査」では昨年春に大学学部を卒業した人の内、就職も進学もしな
い人、及び一時的な仕事に就いた人の割合が約2割であったが、この数字をみると事態はより深刻だ。
ニュースでは理由として、「新規採用の絞り込み、学生の希望と求人先企業のミスマッチ」をあげている。
親たちが元気な間は何とかなるのだろうが、その先のことを考えると想像を絶する姿しか見えない。
大企業を中心とした製造業の雇用減とこれに代る雇用の受け皿としての産業が興っていないことによるも
で、望みを託したいのは元気のあるあるいは起業家精神にあふれた中小企業です。国、自治体が産業界
と一緒になって雇用のミスマッチ解消、職業紹介に責任あるフォロー体制を敷いてもらいたいと思う。
また中高等教育における職業教育を真剣に考えて貰いたいと思う。
引用:NHKニュース”若者の雇用、深刻な状況が浮き彫りに”
参考:2011.8.31ブログ”大卒者進路、雇用情勢など”
参考:2011.12.16ブログ”65歳までの再雇用義務化”
[PR]
by bonjinan | 2012-03-19 10:11 | 政治・経済 | Trackback

硫黄島の戦い

3月17日は67年前の1945年3月17日、栗林兵団長が硫黄島から大本営に決別の電文を送った日です。「戦局最後ノ関頭ニ直面セリ、・・・・、国の為重きつとめを果たし得で矢弾尽き果て散るぞ悲しき」3月21日には日本大本営は17日に硫黄島が玉砕したと発表する。不合理な作戦を変更させ「対米早期和戦」を大本営に具申したが受入れられなかった。懲罰人事ともいえる第109師団長を命ぜられ赴任する。本土侵攻を延ばすためための戦いはクリント・イーストウッド監督の映画『硫黄島からの手紙』によく表現されている。愛国心とは、人間愛とは、組織とは、また組織に内在する不条理とはなど考えさせられる。
参考:原山茂夫『栗林忠道・今井武夫物語』ほおずき書籍(2011.4)
[PR]
by bonjinan | 2012-03-17 11:02 | 文化・歴史 | Trackback

多摩川台公園の梅(2012)

    多摩川台公園の梅が満開。昨年より1か月強の遅れ。
c0192215_16454384.jpg

 参考:昨年の様子(2011/2/4ブログ)
[PR]
by bonjinan | 2012-03-14 18:49 | 季節の花 | Trackback