人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

お寺の梵鐘と教会の鐘

もうしばらくで除夜の鐘が鳴り響きます。ところでお寺の梵鐘は"ゴオ~ン"、キリスト教会の鐘(ベル)は"カラ~ン、カラ~ン"なぜ音色が違うのだろうか。物理的には形状、材質などの違いによる基本周波数の差であり、梵鐘は大きく重く、どちらも青銅(銅錫合金)ではあるが錫の比率が約10%なのに対して、ベルは小さく軽く、錫の比率が約20%で硬さの違いから生じている。しかしなぜ東洋では低音で長くのびる音を選び、西欧では高音を選んだのだろうか。鐘の音から連想すれば、仏教では「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり」の表現が良く合うと思うし、キリスト教では「天から降り注ぐ神の愛」のイメージが良く合う。しかしながら「諸行無常」や「清らかな浄土の世界」を表現するとすれば風鈴のようなはかなく涼やかな音でも良かったはずであり、「神の愛」も広く深いと思えば"ゴオ~ン"でも良かったはずだから東西における鐘の音の選択理由であったとは言えない。ではなぜ。結論から言えばそれほど深い意味があって選択されたのではないと思われる。東洋では中国・殷の時代の巨大な青銅器は権力の象徴としてまた祭祀の道具として造られていた。弥生時代に造られたとする銅鐸は形も似ており成分も錫が15%以下で梵鐘の組成に近い。仏教寺院においてもその延長として大型の鐘が当たり前のこととして受け入れられたと思われる。一方、キリスト教では神の住む天からの音をイメージするために高い塔に備え付けられたから、梵鐘の様な重量物は初めから想定されなかっただけのことと考えられる。現実に約60トンの重さがあるとされる京都・知恩院の大梵鐘を約100mの高さのヴェネツィア・サンマルコ広場の大鐘楼に引き上げることなどとてもできないし建物がもたない。宗教そのものがその時の社会的背景を踏まえて生まれたように人工物である鐘はより素直にその時の技術を反映したものと考えるのが妥当だろう。何はともあれ除夜の鐘の音を聴き良い年を迎えたい。
(補足)梵鐘の特徴である「うなり」のこと。梵鐘の上部は薄く、下に行くほど厚く、下側の振動が加わるからで、うなりがあることによって心をも揺り動かす響きとなる。

尾道、千光寺の鐘楼
c0192215_1047146.jpg

ヴェネツィア・サンマルコ広場の鐘楼
c0192215_12582925.jpg

by bonjinan | 2010-12-30 12:57 | 生活

今週の一冊、『画商の眼力』

今週は、長谷川徳七『画商の眼力-真贋をいかにして見抜くか』講談社です。
まことに興味ある表題だがテクニカルな鑑定術を述べた書ではない。抜粋してみよう。「このモチーフは何であり、あの色はどういう影響を受けているといった、どこかに書かれていた知識を詰め込んだ頭でっかちの状態では、絵はバラバラに分解されてしまい、(略)知識を取っ払い、絵全体をみようとする、つまり味わおうとするとき、絵そのものと向き合うことができるのです。そのときはじめて、作者の感性の躍動、魂に触れることができます」と述べられている。私たちにもっと肩の力を抜いて絵を愉しんで欲しいと仰る。鑑定の基本も感動を受けるかどうかのようである。私たちとの違いは画家との交流を通して、画家の感性を起点に絵を見、逆に絵から画家の想いを観続けたことによる感性度の差ということになるのだろう。その辺をもどかしく書いておられる。その他、本書では見抜いた贋作例、鑑定誤りなども書かれているので興味深く読める。
by bonjinan | 2010-12-25 15:20 | 読書

東京スカイツリー(その2)

建設中の東京スカイツリー第一展望台(350m)から下を写すとどう写るのだろうか。
東京タワーから想定してみた。
c0192215_2049403.jpg

東京タワーの下から撮った写真。
c0192215_20545536.jpg

東京タワー第一展望台(150m)から下を撮った写真。足元の柱の間は約90m。

では東京スカイツリー第一展望台(350m)から下を撮るとどう写るだろうか。
標準レンズだと画角(横)はだいたい50°なので撮れる範囲はおおよそ画面中央の
被写体までの距離に相当する。東京スカイツリーの足元の幅(正三角形の一辺)は
68mなので、画面の約19%幅(=68/350)で写るはず。
写真の黒線のように先細に写るのだろう。

追加2015.1.15 東京スカイツリー
c0192215_17211047.jpg

東京スカイツリー、フロア350から下を覘いた写真
by bonjinan | 2010-12-25 07:54 | 旅、散歩

東京スカイツリーの記録

東京スカイツリーの高さが500mを超えてきました。
514m時点の記録です。
c0192215_18593787.jpg

          350m、450m展望台から上の電波塔部分が伸びてきた。
c0192215_1965017.jpg

     @東武伊勢崎線踏切(ツリーから一番近い踏切で約450mの距離)
     完成時の634mは現高さの約2割増し、完成してもここからなら何とか
     普通レンズで全景が写せそうだ。
c0192215_19533899.jpg

     @ 三つ目通り源森橋(ツリーから約450mの距離)
     北十間川に写るツリーと実物が楽しめる。ただし両方は写せないが。
     川面に波がなく、東武線の上下線車両が交差する瞬間がベストらしい。
c0192215_205784.jpg
 
 @ツリー直下、北十間川沿いのお店やさんにおかれた凸面鏡の景色。
 ツリーとのツーショット撮影用。これならいくら近くでも写せる。
c0192215_2025595.jpg

c0192215_20262690.jpg

 東武伊勢崎線高架下(我々一般人の最接近地点)
 迫力はあるけれど展望台から先はもう見えない。

参考(2/10追記):世界の高さランキング(ポータルサイトSAFETY JAPAN)
人気ブログランキングへ

 
by bonjinan | 2010-12-21 19:00 | 旅、散歩

羽子板市@浅草寺 sanpo

浅草の年の瀬の風物詩「羽子板市」にまいりました。
いつも善男善女でにぎわっている浅草寺ですが今日はさらに賑やか。
羽根板で不景気を吹っ飛ばせ!!です。
c0192215_16544652.jpg

c0192215_16552572.jpg

雷門と賑やかな仲見世通り。
c0192215_16561855.jpg

観音堂に奉納された大羽子板。お題は「助六所縁江戸櫻」。
c0192215_1710978.jpg

五重塔前の羽子板市。
c0192215_17123917.jpg

「娘道成寺」ほか浮世絵の美人がいっぱい。
c0192215_17142256.jpg

ここにも「助六所縁江戸櫻」。張り紙に「海老蔵さん待ってるよ!」
「坂の上の雲、秋山真之」も。
c0192215_17212138.jpg
 
「一ノ谷の合戦」、義経はいまも人気者。
by bonjinan | 2010-12-18 17:00 | 旅、散歩

今週の一冊、国家の命運

今週は、元外務事務次官・薮中三十二著『国家の命運』新潮新書 です。
10月に初版がでてからもう8刷になっていますのでかなり読まれていると思います。
黒船来航以来の「待ちの外交」「受け身の外交」がいかに国益を損なっているかを知ることができる。その例として、1989年に始まった日米構造協議をあげている。外圧に屈するかたちで「10年間で430兆円という巨額の財政出動」を約束し、公共投資の大判ふるまいが始まったことだ。
国立新美術館、○○大学院大学などみなその類だ。以来、今でも景気が悪くなればなったで景気刺激
策としてかたちを変えた公共投資が続いている。当時、半導体では地盤沈下は進んでいたが世界一
であった、携帯電話では需要が拡大しつつあった。やりようによっては世界制覇もできたかも知れな
い。著者が述懐しているように、若しこのとき、政官民に「世界という視座からみた国益」という概念があり、政官に「民に金を使わせる度量」があったならばまったく別の展開になっていたかも知れない。筆者も同感。これは民間でも経験することですが、敵を知り、己を知り、その上に立って創造的提案をすれば交渉を有利に展開でき利益をもたらす。それも普段から考えていなければどうにもならないが。早く攻める外交に転じてもらいたい。その他「中国外交は本当にしたたかか」「北朝鮮はなぜ手ごわいか」など興味深いテーマも書かれている。「海洋国家」という概念も拡大すると外向きの思考に変わるかも知れず面白い。
by bonjinan | 2010-12-17 12:50 | 読書

表参道ヒルズのツリー

表参道ヒルズのクリスマスツリー&スケートリンク
ここは暖かい。
c0192215_18432716.jpg
c0192215_18434076.jpg
c0192215_18435485.jpg

by bonjinan | 2010-12-16 18:46 | 旅、散歩

今週の一冊、イギリス文化

今週の一冊は木下卓ほか『イギリス文化55のキーワード』ミネルヴァ書房です。
知らないことを知ろうとするばあい、イメージとしてもっていること、疑問に思っていることから入っていくのが一番良い。階級、ジェントルマン、パブリック・スクールなど55の切り口があり、どこから読んでも歴史的背景を含めて知ることができる。私が知りたかったのは幾つかあったが、"picruresqe(絵になる美しい風景)"の言葉が生まれた時代背景とその美しい風景とはどのような風景なのかであった。本書を読むと、17世紀頃、上流階級の青年が教育過程の終わりとしてヨーロッパ大陸へ旅行したグランド・ツアーにおいてイタリアで出会った17世紀の風景画の風景であったことが分かる。代表的な画家はクロード・ロラン(1600?-82)で「ハンガルと天使」にみるような実在する風景というよりは変化に富みながらも詩情豊かな「理想的風景」だった。牧歌的風景を見慣れたイギリス青年にとって新たな美意識をもたらしたようだ。その後、イギリスではこのピクチュアレスクな景色を求める国内版「グランド・ツアー」が流行ったという。また庭園造りにも影響し、後に「イギリス式風景庭園」といわれる庭園が誕生する。その先駆けとなった作者はイタリアで風景画を描いていたウイリアム・ケント(1686?-1748)であった。ベルサイユでみる直線、対称形を基本とした「整形庭園」ではなく、心地よくなるように創られた自然を活かした風景の庭園であった。こうしてみてくるとこの言葉は「実在する特定の風景」ではなく「絵に描かれた理想的風景のような風景」であるということが分かる。また当時のイギリス人のあこがれた地はヨーロッパ文明の発祥地ともいえるイタリアであったことも知れる。
by bonjinan | 2010-12-13 09:40 | 読書

世界のクリスマス@横浜山手西洋館

今年も横浜山手西洋館で「世界のクリスマス」と題したテーブルセッティング
飾りつけが楽しめます(12/1~25)。その内の一つ山手111番館のレポートです。
来年はリスト(1811-86)生誕200年とのこと、テーマは"ドナウに響く鐘の音~
リストに捧ぐクリスマス"でした。
c0192215_10433133.jpg

 111番館玄関
c0192215_10465098.jpg

 見事なテーブルセッティング
c0192215_1048279.jpg

 リストへのオマージュを込めて
c0192215_10492797.jpg

 「ラ・カンパネラ」をイメージして鐘の音がドナウの川面に広がる様子か。
c0192215_1052346.jpg

 窓辺の風景をみているとハンガリーにいるような気分に。

ハンガリーのほか8ヶ国の雰囲気が楽しめます。
詳細は横浜市緑の協会ホームページへどうぞ。
by bonjinan | 2010-12-11 11:21 | 旅、散歩

まだ楽しめる紅葉@浜離宮恩賜庭園 sanpo

汐留のオフィスビル街から少し足を延ばして浜離宮恩賜庭園を歩いてきました。
もう終わりかなと思った紅葉、今が見頃の山茶花、石蕗の花、季節外れの桜など
を楽しむことができました。いつ行っても季節季節の味わいがある庭園です。

<紅葉いろいろ>
c0192215_1752057.jpg

 藤棚の黄葉。お伝い橋を渡ると中島の御茶屋へ。
c0192215_1713868.jpg

 ハゼノキの紅葉。
c0192215_17152522.jpg
c0192215_17153338.jpg

 イロハモミジの紅葉。今が紅葉の盛り。
c0192215_1717316.jpg

 トウカエデの黄葉。将軍吉宗が清国から献上されたとの伝え。
c0192215_1725081.jpg

 エノキの黄葉。海岸沿いのベンチで東京湾を望むのもよし。
c0192215_17281975.jpg

 イチョウの黄葉。かなり散りました。左手は雪吊りされた松。

<今が見頃の花>
c0192215_17315579.jpg

 サザンカ(山茶花)
c0192215_17345324.jpg

 ツワブキ(石蕗) 園内のあちこちに咲いています。
c0192215_1736220.jpg

 ヤツデ(八手)の蕾

<季節外れの花>
c0192215_1738792.jpg
 
 冬桜。春に咲く桜と比べてどうしても小ぶりですがたくさん咲いています。
c0192215_174785.jpg

 ツツジの花。ぼつんぽつんと咲いています。

<冬の風物詩>
c0192215_175184.jpg
 
 雪吊り。素人には判別できませんが、兼六園式、南部式、北部式などの
 吊り方があるのだそうです。美しく見せる職人さんの執念ですね。
by bonjinan | 2010-12-09 18:06 | 旅、散歩