人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

広島、縮景園

JR広島駅の西、京橋川を渡ると静かな住宅街、その一角に縮景園がある。
福島正則が無断で城を修復した咎めを受け改易され、1619年浅野長晟が新藩主として入国する。
その翌年、藩主別邸の庭園として築成された。庭園の名前は幾多の勝景を縮めて表現したことに由来
するが、中国杭州の西湖を模して縮景したとも言われている。庭園の中央に池、池の中に10余の島を浮かべ、周囲に山を築く典型的な大名庭園(回遊式庭園)。池の中央にかかる跨虹橋(ここうきょう)は7代藩主が名工に二度も造り変えさせたこだわりの橋だという。
c0192215_7274426.jpg

            池の中央が跨虹橋、右側がこけら葺きの清風館
c0192215_7364623.jpg

            清風館:大名庭園に相応しい数奇屋造り
c0192215_739525.jpg

   原爆により廃墟と化した様子を伝える案内板:広島県が戦前の景観にもどすため順次修復
   し今日の美しい庭園になっています。こうした公共投資には大いに賛同します。
   平和を祈願し静かに園内を歩きました。

   参考:縮景園HP           
by bonjinan | 2009-05-30 07:54 | 旅、散歩

安芸の宮島 sanpo

      安芸の宮島。海に浮かぶ世界遺産・厳島神社、霊峰・弥山の麓に広がる神社仏閣
      山歩きを楽しみました。ほとんど徒歩で歩ける範囲にありながらそれぞれに味わい
      深く、時間の過ぎるのも忘れるくらいでした。
c0192215_21255031.jpg

      宮島口から航路、宮島桟橋へ。大鳥居は海の中、良く写真に出てくる風景。
      左に見える大きな建物が千畳閣、その後ろに五重塔。
c0192215_21314180.jpg

      千畳閣:1587年、豊臣秀吉が戦没将兵供養のため建立に着手した。
      入母屋造りの大経堂。秀吉の死去により建設は中断したままというが千畳
      というだけあって内部はかなり広い。
      隣には、絢爛豪華な朱塗りの厳島神社五重の塔があり。
c0192215_21403464.jpg

      厳島神社:593年創建。1168年、平清盛によって現在の規模に造営される。
      寝殿造りの壮麗な社殿。訪れた日の満潮は9時頃、11時頃でしたので潮が
      かなり引いています。弥山とともに1996年世界遺産に登録されている。
c0192215_2148969.jpg

      大本山大聖院:真言宗御室派(総本山、京都・仁和寺)の寺。写真は仁王門。
      空海が宮島に渡り、弥山の上で修行をして806年に開基したといいますから
      1200年の歴史を有する。明治の神仏分離令までは宮島の総本坊だった。
      宮島といえば厳島神社ですが、ここを歩くと改めて宮島の奥深さを感じます。
c0192215_21582696.jpg

      潮の引いた大鳥居:2時半頃、そろそろ干潮の時間。満潮の時と干潮の時
      では約大人の背丈位の差がある。
    
by bonjinan | 2009-05-28 22:09 | 旅、散歩

広島平和記念公園、原爆ドーム

2016.5.27 オバマ大統領、広島訪問
米オバマ大統領は,G7伊勢志摩サミット終了後、現職大統領として初めて
広島平和公園を訪問。核なき世界に向けての決意、所感を述べた。

2009.5.27
5/24、広島を訪問。その翌日5/25、北朝鮮が地下核実験を強行した。
先月、オバマ米大統領がチェコの首都プラハで「核なき世界」を訴え、核保有国の
軍縮と核不拡散条約(NPT)体制の強化が進むかと思われたが、北朝鮮の核実験
によって水を差され雲行きが怪しくなってきた。
戦争は何らかの国家の大義名分をもって引き起こされるが、悲惨な思いをするの
は多くの市民。広島を訪ね改めて思う。
c0192215_11303566.jpg

 原爆ドーム:旧広島県産業奨励館、爆心地(現在、島外科)から160m
 1945年8月6日、米戦略爆撃機B-29から原爆が投下され上空580mで炸裂した。
c0192215_1912656.jpg

 原爆死没者慰霊碑(広島平和都市記念碑):原爆死没者名簿が石室に納められて
 いる。毎年、8月6日ここで式典が行われる。
 石室正面に”安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから”とあり。

参考:2009.8.6ブログ記事

2015.8.6
広島に原爆が投下(6日午前8時15分)されてから70回目の「原爆の日」を迎えた。
この1年に死亡、または死亡が確認された5359人の名簿が納められ、広島の原爆死没者は
29万7684人となった。
by bonjinan | 2009-05-27 18:12 | 旅、散歩

松山、しまなみ海道、尾道

愛媛県今治市と広島県尾道市を結ぶ「しまなみ海道」が開通して今年は10年目。これを記念して今年から松山市駅・道後温泉~尾道・福山間をオープントップバスが走っており、道後温泉、JR尾道駅間を乗車しました。瀬戸内海の風を肌で感じながら乗車した。尾道は2年前たっぷり楽しみましたので今回は約2時間の予定で坂道を避けるコースを歩く積もりでした。しかし、やはり、尾道は坂道、石段の町でした。
c0192215_21483950.jpg

来島海峡大橋:三連吊橋で総橋長4,105m、完成に9年間要したとのこと。写真は来島海峡SAから撮ったもの。
c0192215_21593130.jpg

今治をでると、大島、伯方島(はかたの塩で有名)、大三島、生口島、因島(南北朝から戦国時代にかけ瀬戸内海一帯を支配した村上水軍発祥の地)、向島(尾道との間は有名な尾道水道)を渡り尾道駅に。途中、大三島「多々羅しまなみ公園」で多々羅大橋(斜張橋)を眺めながらの休憩。静かな瀬戸内海の景色を楽しむことができました。
c0192215_22241174.jpg

尾道ではこれまで行っていなかった町の東端、聖徳太子が創建したと伝えられる「浄土寺」、大きな瓦屋根の「浄泉寺」、行基創建の「西国寺」を歩く。写真は浄土寺横の通称「夕陽の道」。小津安二郎監督「東京物語」のロケ地。
c0192215_23155087.jpg

大きなわらじがつるされた「西国寺」の山門を過ぎると100段を越す石段を登り詰めようやく金堂へ(100段とはつゆ知らず向かってしまいました。大きなわらじは足が丈夫でなければダメとの意味であり、その祈願で奉納されたらしいと後で知りました)。三重の塔などもある西国一の真言宗の寺。西国寺から尾道駅に向かう途中、駅の近くに林芙美子像あり。最近、森光子さんが林芙美子の『放浪記』を通算2000回超演じて話題になっている。
     
by bonjinan | 2009-05-26 23:04 | 旅、散歩

愛媛・松山、道後温泉

愛媛・松山→しまなみ海道→広島・尾道、広島ルートで小旅行をしてきました。
今日は愛媛(伊予)松山、道後温泉編。
松山は松山城、道後温泉で全国的に有名であるばかりでなく、正岡子規の生誕地であること、更には夏目漱石の「坊ちゃん」で文学の町として名を馳せている。最近では、司馬遼太郎の「坂の上の雲」
の主人公、秋山真之(海軍軍人)、その兄の秋山好古(陸軍軍人)、そして幼なじみ正岡子規(俳人)は松山出身で松山はその舞台とあって、07年には「坂の上ミュージアム」をオープンしている。また今年11月には、NHKスペシャルドラマとして5回にわたり放送される。全国PRの好い機会として街のあちこちに横断幕が貼られていた。
c0192215_21531323.jpg

松山城:加藤嘉明公が1602年から四半世紀かけて完成させた城。江戸時代以前に建築された天守で現存する全国12城の1つ。本丸は大天守、小天守、隅櫓を廊下でつないだ連立式城郭。写真では奥に小さく見える部分です。「松山や 秋より高き 天守閣」 子規 (城に登る途中に句碑あり) 
c0192215_226114.jpg

愚陀佛庵(ぐだぶつあん):夏目漱石と正岡子規が52日間同居した庵を復元したもの(元の場所とは異なる)。愚陀佛は漱石の俳号。
c0192215_22154856.jpg

道後温泉本館:日本最古と言う道後温泉のシンボル的存在。1894年完成。この翌年、漱石が松山中学に赴任してきており、しばしば訪れていたようです。道後温泉の泉質はどこもアルカリ性単純泉、さわやかでした。
c0192215_222334100.jpg

熊野山石手寺:四国霊場88ヶ所第51番札所。写真でわらじのかけられたところが仁王門(国宝)、その先が本堂、右に三重の塔。道後温泉本館から一番近く、歩いて約20分です。バスでこられたお遍路さんも多数、打っておられました。白衣(びゃくえ)の背には”南無大師遍照金剛 同行二人”とあり。同行二人(どうぎょうふたり)は大師さまがいつもあなたのそばに居るので安心してお参りに専念しなさいとの教えだそうです。
参考:松山市公式観光HP    
by bonjinan | 2009-05-25 22:41 | 旅、散歩

初夏の鎌倉・浄妙寺

更新版あり。

       浄妙寺に咲いていた、ナツロウバイ(夏蝋梅)を残し新記事に移行します。
c0192215_9291781.jpg

            夏蝋梅(ナツロウバイ):ロウバイ科
       ロウバイといえば1,2月頃、春を告げ、黄色い小さい花を咲かせますが、 
       これは夏ロウバイ。参道の脇で静かに開花準備中でした。
by bonjinan | 2009-05-17 09:44 | 旅、散歩

ロシア国立トレチャコフ美術館展

渋谷、Bunkamura ザ・ミュージアムでトレチャコフ美術館展が開かれています。ロシアの美術展が開かれることは稀であり良い機会としてまいりました。
c0192215_16374524.jpg

ポスターにもされている、クラムスコイの≪忘れえぬ女≫は、肖像画でありながら内面の心情をも描こうとしているようでした。イラリオン・プリャニシコフ≪空っぽの荷車≫、ワシリー・マコフスキーの≪嫁入道具の仕立て≫などもロシアの大地に生きる人間の生活が生々しく感じられるものでした。人間の生き方を書いた文豪トルストイ、ツルゲーネフ、チェーホフの肖像画では、その人となりを知ることができたような気になりました。以下、ビラをもとに再編成した備忘録。
<トレチャコフ>
パーヴェル・トレチャコフ(1832-1898年)、紡績業で多額の財を築き、利益を社会
に還元しようと多くの慈善事業を行った、その一つとして「ロシアの芸術家によるロシア美術のための美術館」として始めた。当時のアカデミーの潮流に囚われず、信念に基づき、同時代の芸術家(クラムスコイら)の作品を鋭い審美眼をもって集めたという。
<当時の時代背景>
帝政ロシアは、聖地パレスチナの管理に絡め南下政策を採っていたが、トルコとのクリミア戦争に敗北(1856年)、以降、ロシア革命(1917年)に至るまで衰退方向に動いていた。しかし、芸術分野では、クラムスコイを中心とする14名の学生たちがサントペテルブルグ美術アカデミーを離脱、移動展示会協会を結成するなど自由な画題、表現を求めて活動し始めていた。当時の中心的考え方は、リアリズム(写実主義)だったが、ロシアの大地の日常風景、生活の一瞬を見事に表現し、写実ではありながら、印象主義的方向性を示していた。
by bonjinan | 2009-05-04 16:40 | 文化・歴史

新型インフルエンザ

USA TODAY電子版によると、"U.S. public health officials have dropped
the term "swine flu" in favor of "2009 H1N1 flu".
豚、豚というのもいかがなものか、ということでしょう。
インフルエンザウイルスは鳥類、豚など多くの動物が感染する。豚の場合、人、鳥の両方のインフル
エンザに感染する性質があり、体内で混ざったウイルスができる。このため人のインフルエンザに、
豚は大きな関わりを持っている。今回は豚のウイルスを主として、人と鳥のウイルスが混ざっていると
みられていて、スペイン風邪やソ連風邪と同じH1N1型とのこと。
<インフルエンザウイルスの種類>
内部タンパク質の抗原性(抗体をつくる性質)の違いからA型、B型、C型に分類されている。
過去の大流行(パンデミック)はすべてA型で、B型は散発的とのこと。
一方、ウイルスの表面に注目すると、赤血球凝集素(H)とノイラミニダーゼ(N)というたんぱく質の継
ぎ手(普通、これに対する抗体を作ることで感染しない)の組合せ「HA」16種と「NA」9種で、理論上
は16×9=144種があるとされている。
例えば、HAがH3、NAがN2のA香港型ウイルスではA(H3N2)と表わされる。
<過去のパンデミック>
スペイン風邪(1918~19年):H1N1型、アジア風邪(1957~58年):H2N2型、香港風邪(1968
~69年):H3N2型、ソ連風邪(1977~78年):H1N1型。
ところで毎年流行するような季節性インフルエンザに対してはワクチンも用意されているが、突然変異
した新しい型には手が打てない。知識は知識として、まず手洗い、うがいなどできるところから始るしか
ない。

追加2013.4.3
中国で新型鳥インフルエンザによる死者。H7A7型らしい。感染ルートについては、鳥からなのか、
豚経由なのか、人から人なのか確定できていなく。広がり方も予測するに至っていない。
by bonjinan | 2009-05-01 19:20 | 健康