人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:文化・歴史( 115 )

武相荘@東京,町田

 白洲次郎(1902-1985)、神戸一中の同級・今日出海が評して「野人」*、正子夫人曰く「まことにプリンシプル、プリンシプルと毎日うるさいことであった」*という。白洲を振り返ってみよう。太平洋戦争敗戦直後、まだ大日本帝国憲法を基本とした国体護持が支配層の大勢を占める中、吉田茂(1878-1967)、外相、首相の右腕、黒子として、国際的視野から日本の採るべき進路、姿を冷静に見据え、日本国憲法草案に深く関わった。GHQ評して「従順ならざる唯一の日本人」*だったと云われる。昨今、日本国憲法草案をつくる過程を捉えてマッカーサーから押し付けられたものとの意見がある**。白洲は言っていた「新憲法のプリンシプルは立派なものである・・・・戦争放棄の条項はその圧巻である。押し付けられようが、そうでなかろうが、いいものはいいと素直に受け入れるべきではなかろうか」***と。厳しい交渉の当事者として万感の思いをもって述べたのでしょう。結果として、天皇制を国家統合の象徴として残したことで今日の日本の安定と繁栄に導いたことを重く受け留めたい。最近、NHKで白洲次郎が採り上げられている。日本の今後を考える機会としたい。
*武相荘のしおりより、**鶴見紘「白洲次郎の日本国憲法」光文社
***清水蒋大「男の品格Ⅱ白洲次郎名言集」コミック新書
c0192215_19493566.jpg

1943年、鶴川(現東京都町田市能ケ谷町)に移り住み「武相荘(ぶあいそう)」と名付けた。
c0192215_19494864.jpg

ケンブリッジ時代の親友ロビンから送られたというスコッチの樽
c0192215_19495678.jpg

学生時代はベントレーボーイ、80歳までポルシェを乗り回した根っからのオイリーボーイだった。
by bonjinan | 2009-02-22 17:57 | 文化・歴史

ナンバー2、直江兼続

最近、NHK大河ドラマに歴史上では脇役だった人物が登場する。1億総中流と言われた時代とは異なり頂上に上り詰めた人物より親近感を感じるからだろう。直江兼続(1560-1619)もその一人、下級武士の長男として生まれるが、上杉謙信の姉、仙桃院の眼に留まり、その子、景勝(後、上杉景勝)の近習となり、終生、景勝に使える。殆どめぼしい戦績はないが、上杉家執事として不動の№2にのしあがって行く。豊臣秀吉の№2石田三成と盟友となることにより、後日、上杉家は家康を牽制する役割を受け会津に転封されるが、90から120万石に加増され豊臣政権の5大老に就任につながっていく。しかし三成が家康に倒されると、上杉家は米沢30万石に転封されることにもつながっていく。これも最上攻めからの的確な撤退判断があったればこそ上杉家は存続したとも評される。 その後、上杉家生き残りに尽力、これまた家康の№2といわれた本多正信とも接近、家族を犠牲にしての本多家との縁組、軍役の軽減などに奔走する。晩年、反家康判断の反省から、大阪冬の陣(1614)で景勝と共に見事な采配を振るう。最後は直江家断絶を判断し正真正銘№2の生涯を終える。 一般に、一兵卒から権力に近づき成り上がった者は、自分の才覚のなせる業と思い、特に部下に対しては傲慢になる。場合によっては主従関係を絶ち寝返ることもある。しかし明智光秀を引き合いに出すまでもなく№2は所詮トップをみトップの威光でのし上がった者、カリスマ性が備わっていないから、頂上に上り詰めた途端に組織は崩壊に向かっていく。№2であり続けることが美しいのです。 織田信長の家臣秀吉ですら、その天下はたったの10数年で終わっています。
by bonjinan | 2009-02-11 22:54 | 文化・歴史

照葉樹の島、鎮守の森

かなり前のことになるが、長年に亘り植生を調査研究されてきた横浜国大の宮脇昭先生のお話をお聴
きする機会があった。日本の常緑広葉樹林*の主木は”シイ、タブ、カシこれだけは覚えておいてください”と仰られたこのをよく覚えている。植生は気候、土壌、植物同士の葛藤、人間生活などの影響を受け次第に変化している。しかし鎮守の森、お寺の森は、自然をも神とする日本人の宗教観から昔のままで残っている。近年、都市化が進み、元々生きていた樹木がどのようなものか分からなくなってきているが、散在する鎮守の森を調べると、主木はシイ、タブ、カシの種であることが判るという。どんな木か分かっていたつもりではあったが、意識してはみていなかった。幸いなことに最近では美観風致維持の観点から該当する樹木に保存樹木と表示してある。散歩を兼ね近くの神社に行った。タブ、カシの木はあったがシイの木はなかった。近所では同類のクスの木が公園などにも植えられ多いことも知った。この散歩で、どれがタブ、カシの木なのか改めて確認するとともに年中常緑の木あってこその神社仏閣であり、日本人の精神文化は自然とともにあることを改めて感じる。
*常緑広葉樹の内、葉が大きく光っている種類を照葉樹、オリーブなど葉が小さく硬い葉をつけた種類を硬葉樹という。前者は北東アジア、後者は地中海地帯に分布。
c0192215_20244596.jpg

                鎮守の森
c0192215_20294820.jpg

                保存樹林表示
c0192215_20263458.jpg

                タブの木
c0192215_20273570.jpg

                シラカシの木
by bonjinan | 2009-02-07 20:36 | 文化・歴史

新しい中世

中世(西欧)は一般に西ローマ帝国の滅亡(476年)から東ローマ帝国の滅亡(1453年)の時代をいう。初期(5~9世紀)はローマ帝国が崩壊しゲルマン人諸国が乱立、文化面では後退し暗黒時代*ともいわれる。盛期(10~13世紀)には土地の開墾と農業技術が進み、温暖化と相俟って人口が増加した。当時はイスラム諸国が先進地域でありスペイン、コルドバなど通じてラテン語に翻訳され広まっていた。後期(14から15世紀)は人口増による食料不足、寒冷化による飢餓の常態化、ペストの流行などで人口は1/3に減少した。またこれまで農業本位の封建領主は没落を余儀なくされていった。これが歴史的概観ですが、経済という面からみるとどうだったのか、07年に発売された水野さん**の著作の中から抜粋すると次の通り。「中世では1人当りGDPは概ねゼロ、貯蓄もゼロ、投資による生産増分もゼロの定常状態にあった。投資が教育、福祉、文化等ものをつくることのない投資であった。今でいう労働分配率も一定していたから貴族と農民の関係も恒常的関係にあった」 「現在の日本のドメステック企業の一人当たりの生産性は低下の一方、むしろ成長を目指すのではなく、新中世に入ったと考え、雇用を安定し定常状態で均衡させることが肝要だ」、「グローバル企業においては高成長を目標とすべし」として、二極から考える必要を説いている。歴史をこうした側面からみると面白いことは面白い。ただし成長ゼロでも人々は幸福であったのか、社会が安定していたのかについては言及されていない。当時は教会に納める十分の一税があり、国、封建領主を超えて聖界が俗界も支配していた。宗教が社会を安定させる大きな要素でもあったと思う。このことを抜きにして経済論だけから論じるのはどうかとは思うのだが・・・。
*暗黒時代は14~16世紀のルネサンス期に言われ出した表現のようだ。ルネサンスがギリシヤ、ローマ時代に生まれた芸術の復活再生にあったからこの間を何も良い事がなかった時代と表現したのであってかならずしも暗黒であった訳ではない。この時期、文化の中心は西欧というよりイスラム圏に移っていたのだ。そう考えるならば新しい中世に入ったというより世界の中心は移動しているのだと捉えた方が良いのかも知れない。 **水野和夫「人々はなぜグローバル経済の本質を見誤るのか」日経新聞出版社

2018.2.21 資本主義下の現局面
市民講座で水野先生の講義を再び拝聴した。「利子率の長期的低下はマネーの需要縮小を意味する。資本が資本を生み出すのが資本主義とすれば資本主義の限界を意味した」「しかし一方で企業等が依然としてROEなど指標に利益の最大化を狙っている」「こうした現在の局面を先生はどう評しますか?」と質問してしまった。先生曰く「アベノミクスの三本の矢もそうだがドン・キホーテのようなものだ」と即座にお答えになった。こうした内容の答えるだろうとは想像していたが、ドン・キホーテを例に出されたところがシンプルで印象に残る。セルバンテス『ドン・キホーテ』(1605年、1615年)は、騎士道物語の読み過ぎで現実と物語の区別がつかなくなった郷士が自らを騎士と任じ冒険の旅に出る物語である。騎士道物語を成長物語と置き換えてみれば分かり易い引用である。

2015.5.5 資本主義の終焉
水野和夫『資本主義の終焉と歴史の危機』集英新書が売れているようだ。先日、水野氏の講演を拝聴した。講演は本書のタイトルと同じで内容も同じであった。以下、要点。資本主義=資本の自己増殖プロセス、自己増殖の成果を図る尺度=利潤率(利子率)=潜在成長率。従来の記録では17世紀初頭のイタリア・ジェノバの成長率は1%台前半。このころ中世地中海世界の資本主義が終わった。なぜ成長戦略がうまくいかないのか。超低金利の21世紀、資本が自己増殖するのは実物投資空間ではなく電子・金融空間しかなくなったから。ここでの成果を図る尺度は利子率ではなく株価となった。信頼、信義のメカニズムがなくなった。どうすべきか。近代システムを越えて、「よりゆっくり、より近くに、より寛容に」という。以上があらましである。
以下、感想。限りなき成長はありうるのか。もう限界にきているのではないか。こんな思いは最近、誰しも感じていることではある。個人個人の生き方の問題としては分かるが、経済論として成長なき社会は国際関係を含めてどのような社会で、今の社会よりより良い社会であるのかどうか納得できる論を立てた人はいない。水野氏にはこの観点からも論じて貰いたいものである。
by bonjinan | 2009-01-29 21:17 | 文化・歴史

リーダーに求められる資質

わが国の首相が二代続けて任期途中で放棄、選挙の顔として後を引き継いだ麻生首相も支持率が急降下一体リーダーに求められる資質は何なのでしょうか。世の中が安定していれば良識ある人であれば誰でも良いのでしょうが、混乱の時代ではやはり未来を託したくなるリーダーを求めたくなります。
改めて塩野七生著「ローマから日本が見える」*を読み直した。
「指導者に求められる資質は次の五つである。知力。説得力。肉体上の耐久力。自己制御の能力。持続する意志。カエサルだけが、このすべてを持っていた」(イタリアの普通高校で使われる歴史教科書より)として紹介され、古代ローマ史上の人物を採点されています。また日本のビジネス誌などでよくとりあげられる決断力、実行力、判断力などは当然持ち合わさねばならない資質で取り上げるまでもないと仰られています。わが国の政治について見ます。今日の混迷も昨日今日始まったわけではなく、これまでの施策の何が良く何が合わなくなってきたか、この分析を踏まえて何をどう変えようとしているのか、利害関係にどう影響してくるのか、外国とはどんな軋轢を生じるのか、また納得頂き巧く調整できるのか、などまさに知力、説得力、気迫なくしては何もできない状況にあります。わが国でのリーダー選定は、どうも儒教文化圏にあるためか人望とか徳と結び付き、また一方では直近の解決を急ぐあまり人気、調整能力型がイメージさてれいます。好むと好まざるに関わらず国政においても企業においても国際化なくしては存続し得ない環境にあり、普遍帝国、古代ローマ史から学ぶことが多そうです。
*塩野七生「ローマから日本が見える」集英社文庫
by bonjinan | 2009-01-13 22:11 | 文化・歴史