人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

木瓜の花

 成人の日、天気が良く暖かな一日でした。
 公園のボケ(木瓜)の花も少しずつ咲き出してきました。
木瓜の花_c0192215_17313073.jpg

 ボケ:バラ科ボケ属

 参考:成人の日関連データ
 ①2020年の新成人数:122万人、1970年では246万人だった。(総務省統計局)
 ②2019年の新生児数:86万4千人 (厚労省人口動態統計の年間推計値)
 ③2019年の人口自然減:51万人(出典は同上)
# by bonjinan | 2020-01-13 17:51 | 季節の花

寒の入り

暦では「小寒」。1年で最も寒い時季に入りました。年をとるとともに寒さは辛い。暖かい冬であって欲しい。ところで今日6日は官庁、企業で仕事始め。赤坂に出る用事があり日枝神社に初詣しようと思ったのですが諦めました。外堀通りの日枝神社の入り口から階段の上までずらっと参拝者の列(企業の団体)が続いていてびっくりしました。エスカレーターで上がっても列には割り込めないとのこと。どうやら今年はどの企業も神頼みの年のよう。企業はそれぞれ目標はあっても願望に過ぎず神頼みしかないのかなと心配になりました。ただそれが事実だとしても結果オーライの年になることを祈りたい。
# by bonjinan | 2020-01-06 22:29 | 生活

山茶花

 穏やかな陽気の正月3日。
 公園の山茶花が輝くように咲いていました。
 良き1年であって欲しい。
山茶花_c0192215_16554637.jpg

 サザンカ:ツバキ科
 サザンカは中国語でツバキ科の木を「山茶」といい、その花を「山茶花」と称したことに由来
 する。「山茶」と呼ばれる由来は葉がお茶のように飲料となることからで「山に生える茶の木」
 の意味である。(Web版、語源由来辞典)
# by bonjinan | 2020-01-03 17:08 | 季節の花

私たちから私へ、そして私たちへ

先日、音楽評論家の富澤一誠さんの講演を拝聴する機会があった。50年代から70年代を中心にしたフォークからその後のJポップ、ニューミュージックへの流れについてだった。転機となるのは吉田拓郎だった。それは「私たちから私へ」の変遷だったという。確かに音楽界ではこれが定説。現在もこの延長にあるとも言えるがこれからどんな曲が流行るのだろうか。筆者は私たちから私へ、また私たちの時代に戻るのではないかと。なぜなら自分ファーストの弊害があちこちで感じられるようになっているから。ともあれお蔭様でなつかしい曲に触れることができました。
①ブラザーズ・フォア「グリーンフィールズ」、②キングストン・トリオ「花はどこへ行った」、③ピーターポール&マリー(PPM)「風に吹かれて」、④ボブ・デュラン「ドナドナ」、⑤岡林信康「友よ」、⑥吉田拓郎「今日までそして明日から」、・・・。
(注)例えば「風に吹かれて」(ボブ・デュラン作詩作曲)は多くのアーティストによって歌われているようにここに出てくる曲も同じである。
# by bonjinan | 2019-12-22 11:58 | 文化・歴史

政治ニュースから(No.6)

政治ニュースから(No.5)からの続きです。
以下、新規掲載順。

2010.1.12  台湾総統選、蔡英文氏(63)圧勝
民主主義 VS.経済成長の構図で選挙戦が行われた結果、与党民進党の現職、蔡氏が800万票超の過去最多得票で圧勝した。

2020.1.10   英EU離脱、月末実現
英議会下院は9日午後、英国がEUから離脱するための法案を賛成多数で可決した。近く上院でも可決される見込み。今後、EUほか関係国との関税等の取り決めで短期決着なるかが問題だ。(日経)

2020.1.9   ゴーン被告、記者会見
全体としてプライドが傷つけられたことへの不満に終始した。具体的で説得力ある説明がほとんど無く、意味ある会見ではなかった。これがグローバルに渡り歩いてきた経営者なのだろうか。この程度で日産を経営していたのだろうか???。強引で傲慢だったというだけではないか?

2020.1.8   イラン、イラクの米軍基地に報復攻撃
米国防総省は7日、イラクにある米軍基地がイランから十数発の弾道ミサイル攻撃を受けたと発表した。一方イランはこれにより少なくとも80人死亡させたと発表した(日経Web版)。

2019.12.31   ゴーン元会長無断出国
保釈条件で海外渡航が禁じられていたゴーン元会長が日本を出国しトルコ経由レバノンに入ったとのこと。日本の法治体制は後進国並み、これには従わないとしての行動であった。なぜこのような自分勝手な行動が許されるのか。日本の主権が侵害され、司法制度(裁判所、検察、弁護士)が馬鹿にされたことになる。政府、および関係者は何をやっていたのか。出入国管理上の盲点を徹底的にチェックして欲しい。また無法な動きを外交交渉でも追及して欲しい。もちろん日本の司法制度にも問題がある。罪状としては軽微な罪にも拘らず長期にわたり拘束し大きな罪を自白させるというやり方は一歩間違えれば、為政者による国家権力の乱用、えん罪にも結び付く。この点はしっかり議論し見直して貰いたい。但し今回の経済事件と司法の問題点(今回問題にされた裁判に至るまでの手続き)は別問題、経済事件は経済事件で司法の場で議論すべき性格のものだ。

2019.12.13   英総選挙
英下院総選挙(定員650)は日本時間13日午前7時に投票が締め切られた。出口調査では保守党が寒半数の326議席を確保する見込みと報じられている(BBC予測)。
# by bonjinan | 2019-12-13 08:16 | 政治・経済