人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

横山大観記念館

横山大観記念館(台東区池之端)を訪ねた。
記念館は近代日本画の巨匠・横山大観(1868-1958)が90歳で亡くなるまで暮らした自宅兼画室。木造2階建ての数寄屋風日本家屋と庭は大観が創案。細川護立侯爵から贈られた庭石を中心に石や植木の選定、配置なども自ら行ったという。大観は手入れの行き届いた庭より野趣あふれる庭を好み、庭を良く眺めることで絵画のヒントを得ていたという。現在の家屋は1954年に空襲で焼失する前とほぼ同じ形で再建されたもの。2017年に国の史跡及び名勝に指定されている。
なお庭には謂れは不明だが市松模様の袈裟型手水鉢(銀閣寺型手水鉢)が置かれている。
館内では現在、花鳥風月をテーマとした習作を中心とした作品、スケッチ帖、書簡などが展示されている。ここで知ったこと。日本画の宿命なのだろう、書き直しができなく、大観は何回も何回も納得するまで一から書き直し、最後に落款印を押したという。当たり前と言えば当たり前だが展示されている習作には落款印がない。ただ展示されている作品が習作と言えども単に練習用の絵ではないということだ。横山大観記念館だからこそ見られる絵なのかも知れない。日本画の未来に向けて果敢にチャレンジした技法「朦朧体」についてはここでは省きます。
c0192215_20285066.jpg

  横山大観記念館前庭(不忍通りに面した入り口から玄関に至る間の庭)

補足:山桜のこと
大観の作品で多いのは風景、次に花鳥、人物の順という。桜も良く描いたが園芸品種のソメイヨシノではなく野生種の桜を描いた。自然がもたらす美を最大限に表現したいと考えていたからで、家屋の前にはヤマザクラを植えていたという。じっくり観察し描いたのであろう。

参考:横山大観記念館ホームページ
by bonjinan | 2019-05-23 20:48 | 文化・歴史