人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

神田川沿いの遊歩道

 関口・目白台(文京区)の南斜面の下を流れる神田川沿いに緑豊かな遊歩道がある。
 歌川広重『名所江戸百景』「せき口上水端はせを庵椿やま」では、神田川をはさんで南に
 早稲田の田んぼ、北の高台に芭蕉庵がある水と緑にあふれた道だった。
 現在は田んぼなどもちろんないが緑あふれる道筋であることは今も変わっていない。
 新緑の美しいこの遊歩道を歩いてきました。
c0192215_20171889.jpg

 大洗堰(おおあらいぜき)付近
 このあたりの神田川(写真左側、深く掘ってあるので柵しか見えない)は江戸時代には
 御留川、その後昭和40年頃まで江戸川と呼ばれていたところで、現在の江戸川橋にその名
 を留めています。大洗堰は水をせき止めて江戸の水道につなぐための堰のことで、石樋や
 木樋の水路を通して水戸藩徳川家上屋敷(現小石川後楽園)の中を通り、更に木製の樋で
 神田川を越え(現水道橋の由縁)て枝分かれし給水された。
c0192215_2024661.jpg

 神田川沿いの桜並木と崖沿いのカエデ
 桜の咲く頃、紅葉の頃も楽しめる散歩道。
c0192215_22435034.jpg

 椿山荘冠木門付近
 広重が椿やまと紹介しているように椿の自生地だったようで山縣有朋はこの地に庭園、邸宅
 をつくり「椿山荘」と命名した。冠木門から入りホテルで軽食、一休み。
c0192215_22451827.jpg

 椿山荘横
 料亭横の風情ある通りとなっています。
c0192215_22454751.jpg

 関口芭蕉庵
 芭蕉は神田上水の改修に参加し水番屋(上水の管理)に住んだといわれ、これがいつしか
 関口芭蕉庵と呼ばれるようになったという。中には句碑などがある。
c0192215_2246250.jpg

 胸突坂
 芭蕉庵と永青文庫の間にある急な坂道で登ると目白通り。
 台地の上下で最大約30mあるというから多分それに近い高低差があるのだろう。
c0192215_2246133.jpg

 肥後細川庭園、南門付近、シャガの花が一面に咲いていた。
 永青文庫とともにかつて肥後熊本、細川家の下屋敷、抱屋敷であった。
 肥後細川庭園については改めて書きたいと思います。

 最寄り駅:地下鉄有楽町線江戸川橋
by bonjinan | 2019-05-06 07:12 | 旅、散歩