人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

新元号は「令和」

2019.4.1  新元号は「令和」
新元号は「令和」と発表された。万葉集にある梅花の歌32首の序文「初春の令月にして 気淑(よ)く風和らぎ 梅は鏡前の粉を披(ひら)き 蘭は珮後(はいご)の香を薫(かお)らす」から引用されたという。ここでの「令」は「よい」の意味。令嬢、令名などで使われている。ただ「令」は命令の令も連想されることから圧迫感を感じるという人もあろうが良いように解釈し「令和」時代が良き時代になることを祈りたい。5月1日から適用される。

年号と元号
年号も元号も年に付ける称号という意味では同じだが使われ方においては違う。年号を最初に使い始めたのは古代中国・漢の武帝で、西暦紀元前140年に「建元」と号した。武帝はめずらしい兆候やおめでたい印が現れたときに年号を変更し、その治世に5つの年号が使われた。日本でも同じで明治天皇の前の孝明天皇の時代には自然災害などを契機にして6回年号が変わっている。日本初の年号は大化の改新で知られる「大化」で645年に始まり、南北朝時代のそれぞれの年号を合わせて平成まで247を数える。「令和」は248番目。一方、元号はひとりの天皇に対してひとつ(一世一元)で、そう決められたのは「明治」からであった。しかも元号は誰が決めるのかを含めて法的に決まったのは1979年(昭和54年)の元号法によってであった。このように年号にかわり元号が使われるようになったのは比較的最近のことのようだ。
(参考:中牧弘允『暦の不思議』イーストプレス、2019.1)


2019.4.29 令和はどんな時代になるのだろうか。
昭和が戦争と高度成長の時代。平成は戦争がなかったことでは平和な時代であったが東日本大震災など大きな自然災害に見舞われるとともに経済は停滞の時代であった。令和の時代は現状では各国とも国際協調より自国第一の政策に移りつつあり経済戦争、或いは新冷戦の時代に入るかも知れないとも言われている。わが国は平和と国際協調の中でのみ繁栄しうるのであり国際社会に向けて有益な考え方をどれだけ提案できるかがより重要な時代になってくるであろう。
by bonjinan | 2019-04-01 12:19 | 文化・歴史