人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

タマスダレ

 タマスダレ(玉簾)が咲きだしてきました。
 ヒガンバナ(彼岸花)の咲くころに咲きだす。
c0192215_17485977.jpg

 タマスダレ:ヒガンバナ科ゼフィランサス属(和名:タマスダレ属)
 別名:ゼフィランサス、学名:Zephyranthes candida 英名:rainlily
 タマスダレの名前の由来は、白い花を玉、葉が集まっている様子を簾に例えたことによる。
 英名は百合の花に似ていて、雨が降った後一斉に花が咲く傾向があることによる。
 花は1本の花茎に対して一つだけ。
 日当たりが良いところならばどこでも咲く。雑草のように生命力がある。
 問題はヒガンバナ科に共通しての有毒物質を含むこと。要注意。
 名前のこと。最近、どの植物も園芸品種が多くなったことからから属名で総称することが
 増えてきており、タマスダレの場合、ゼフィランサスという。ただ同じ科属でも姿かたち
 がかなり違う場合もあり1対1で対応しているわけではないので注意を要する。
by bonjinan | 2018-09-12 18:22 | 季節の花