AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

緑滴る行人坂界隈

  目黒、行人坂界隈を歩いた。喧噪の大都会にあってここは緑が多く静か。
  大円寺、ホテル雅叙園東京では江戸の雰囲気も感じられる。
  東京でも面白い場所だ。
c0192215_19154017.jpg
 
  行人坂。名前の由来は、湯殿山の行者が現大円寺を建て修行を始めたところ、
  次第に多くの行者(=行人)が集まり住むようになったからと言われる。
  権之助坂ができる前は江戸市中から目黒方面に行く主要道だった。
c0192215_2028088.jpg

  大円寺。1600年代前半に創建された寺院。
  1772年、江戸三大火の一つ行人坂火事の火元ともなった。
  3日も燃え続け目黒から浅草辺りまで延焼したという。
  境内には、520体からなる大円寺石仏群(都指定有形文化財)もある。
c0192215_20493185.jpg

  ホテル雅叙園東京の庭園。緑豊かな庭園は自然の風景のようでもある。
c0192215_20525829.jpg

  今日の目的だった同ホテル百段階段(都指定有形文化財)へ。
  1935年(昭和10年)に建てられ、昭和の竜宮城と言われた超豪華料亭の階段。
  崖に沿って建てられたもので、99段、坂道を上り下りするようである。
  階段にそって7部屋。部屋ごとに著名な画家が襖絵、天井画を手掛け趣が異なる。
  ここでは今、開かれている”和キルト展”を鑑賞した。
c0192215_2131641.jpg

  漁撨の間。江戸元禄時代に紛れ込んだような気分に。
  
  以上、緑を楽しみ、江戸の歴史を垣間見る面白い道筋でした。
  行きは行人坂経由だったが復路は雅叙園隣のオフィスビルのエスカレータを使って
  通称、ドレメ通りに上がった。
[PR]
by bonjinan | 2018-06-09 12:51 | 旅、散歩 | Trackback
トラックバックURL : https://bonjinan.exblog.jp/tb/29541727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]