人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

京都、晴明神社

  西陣、晴明神社に参拝してきました。
  1007年、一条天皇の命により、晴明公の屋敷跡に建てられた神社。
  晴明公は平安時代中期に陰陽寮に勤務する天文陰陽博士だった。
  天体の移り行く星や雲の動きを観察し、宮殿の異変や遠方での吉凶を言い当て、朝廷を始め
  多くの人びとの信望を寄せられた。近年、陰陽師が喧伝され広く知られるようになったこと
  もあって神社は京都のパワースポットの一つとされている。修学旅行生にも人気。
c0192215_18251053.jpg

  晴明神社
c0192215_18283229.jpg

  本殿。提灯に神社の神紋である晴明桔梗印(五芒星)。手前に厄除け桃。
  晴明桔梗印は、陰陽道の基本概念である天地五行(木、火、土、金、水)を表すという。
  桃は古来、厄除けの果物とされる。立札に桃を撫で清々しい気持ちになってくださいとあり。 
c0192215_18314352.jpg

  安倍晴明公像。
  晴明(921-1005)の出自については、「孝元帝の皇子・大彦命の御後胤」(神社HP)とされ
  る。他方、「安倍文殊院」(奈良桜井市)では安倍仲麻呂と同じ同寺で出生したとし安倍晴
  明堂を建て祀っているなどで諸説あるようだ。諸説あるということは、そうであれば地元の
  誇りということであり、それだけ人気があった、また影響力があったということだろう。
  晴明の生きた時代のこと。藤原道長に代表される藤原北家の絶頂期だった。
  一条天皇の中宮・藤原道隆の子・定子と清少納言、同藤原道長の子・彰子と紫式部など、今
  でも多くの人に知られている有名人が活躍していた。
  
  参考:晴明神社ホームページ
by bonjinan | 2018-06-07 08:25 | 旅、散歩