人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

春の花 in 横浜 (4月上旬)

  横浜公園~日本大通り~山下公園を歩いてきました。
  新緑と春の花をたっぷり楽しめました。
c0192215_1658434.jpg
 
  16万本と言われるチューリップ。@横浜公園
  暖かい日が続き予定より早く開いているようです。
c0192215_172196.jpg

  チューリップと牡丹と。
  西洋と東洋の競演。横浜らしい組み合わせと思えました。
c0192215_17301890.jpg

  ラナンキュラス ラックス(キンポウゲ科) @日本大通り
  日本大通りを歩きながらとても気になった花の一つでした。
c0192215_17311019.jpg
 
  同じく、ラナンキュラス ラックス @以下、山下公園
  メタリックな感じのする銅色、黄色、白色など花色も豊富。
  ラナンキュラスと言えば花形がバラに似た品種で知られていますが、
  ラックスは比較的最近、出回ってきた品種のうようです。
  山下公園の花壇にはたくさん植えられていました。
  写真の後ろに見えるのはスターチスか。
c0192215_17394541.jpg

  ルピナス
  別名:花に注目して昇藤、葉に注目して葉団扇豆(はうちわまめ)。
  明治期に肥料になる植物として輸入されたと言う。
c0192215_17492499.jpg

  パンジーとネモフィラ  
  花壇の両側はバラ(バラと草花の立体花壇)。   

 参考:横浜市環境創造局ホームページ(ガーデンネックレス横浜2018)
 

(付記)ラナンキュラス(下の写真)
 一般に流通しているラナンキュラスは八重咲タイプの園芸品種。属名で呼んでいる。
 キンポウゲ科には約60属2500種があると言われている。
 例えば、フクジュソウ、アネモネ、デルフィニウムなどもキンポウゲ科。
 姿、形からはとても同じキンポウゲ科の植物とは思えない。
 ラナンキュラスはむしろバラ、ボタン、シャクヤクと同じ科属と思える。
c0192215_9225367.jpg

  ラナンキュラス:キンポウゲ科
by bonjinan | 2018-04-08 18:07 | 旅、散歩