人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

ウィーン、シュテファン寺院

 ウィーン旧市街のほぼ中央に位置し天を突くようにそびえる塔は街のシンボル的存在。
 王宮(ホフブルク)、オペラ座とも近い。すぐ傍にはモーツアルトハウス・ウィーンもあり。
c0192215_18155950.jpg

 世界遺産・シュテファン寺院外観
 12世紀半ばにロマネスク様式の教会として建てられ14~16世紀に現在みるゴシック様式の
 大寺院になった。南塔は高さ137mで寺院のシンボル。
c0192215_18272794.jpg

 内陣、巨大な空間で身廊107mという。
c0192215_18305033.jpg

 エレベータで登れる北塔の上から見下ろす寺院前の広場(シュテファン広場)。
 広場はオペラ座に通じるケルントナー通り、ペスト記念碑のあるグラーベン通りとつながる。
c0192215_18334589.jpg

 モザイク模様の屋根瓦。この寺院を特徴づける一つ。
 ハプスブルク家の紋章、鷲が描かれている。反対側の屋根には双頭の鷲が描かれている。
by bonjinan | 2017-10-28 18:54 | 旅、散歩