AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

タイサンボク

  タイサンボク(泰山木)の花の見ごろ。
  強い芳香が漂っていました。
c0192215_17504784.jpg

   タイサンボク:モクレン科モクレン属
   同じモクレン属のホオノキ(朴の木)と花は似ているが葉が明らかに違う。
   朴の木は4月下旬に開花する。
   タイサンボクの原産地は中国(山東省の霊山・泰山)かと思わせるが北米中南部。
   ミシシッピ州、ルイジアナ州の州花。
   日本へは明治初期(1873年)に渡来。
   米グラント将軍が来日した際(1879年)には夫人が上野公園にホソバタイサンボク
   を植樹している。ちなみに将軍はローソン檜を植樹している。
   写真は新宿御苑、中央休憩所付近の比較的小さなタイサンボクの花。
   大木戸門近くの泰山木は高さ20m超はあろうかという高木。
[PR]
by bonjinan | 2017-07-02 16:58 | 季節の花 | Trackback
トラックバックURL : https://bonjinan.exblog.jp/tb/26784169
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]