人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

高知、四万十川

 清流「四万十川」の風景を満喫してきました。
c0192215_1259588.jpg

 四万十川。まさに山紫水明。
 遠くに沈下橋が見える。驚くことに欄干のない橋の上を軽トラがスイスイと走る。
c0192215_1322318.jpg

 沈下橋。四万十川本流に22本、支流を含めると47本あるという。
 今は静かな四万十川も年何回か、台風や大雨で沈下するという。
 観光客が橋の上から足を出し屋形船に手を振ってくれた。のどかな風景でした。

(補足)名称「四万十川」の歴史
河川法上では1994年まで「渡川」が正式名称だったが、その後、ダムに分断されていない、手つかずの自然が残る「日本最後の清流、四万十川」で有名になり、「四万十川」が正式名称となった。江戸時代には「四万十川」と書いて「わたりがわ」と呼ばれたこと、また「四万渡川」と書かれたこともあったという。「渡川」という呼称も「四万十川」もそれぞれに歴史があったようである(以上、Wikipediaより)。察するに「四万十川」は「渡川」に比べどこにもない清流に相応しい名称と判断されたのだろう。現在、柿田川、長良川と並び「日本三大清流」と言われる。なお夏と冬ではどちらが澄んでいるか?もちろん大雨などによる土砂の流れない冬である。

 参考:四万十市ホームページ

by bonjinan | 2017-02-17 13:09 | 旅、散歩