人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

シャンゼリゼ通り

  凱旋門からシャンゼリゼ大通り、モンテーニュ通りの風景。
  2008年5月撮影。
c0192215_1646616.jpg

  凱旋門。ナポレオン(1769-1821)の野望とロマンの象徴。
  1805年のアウステルリッツの戦いに勝利。フランスの栄光を記念して建築開始。
  しかし着工7年目にしてナポレオンは失脚。完成したのは没後の1836年だった。
c0192215_1635139.jpg

  シャンゼリゼ大通り。凱旋門からコンコルド広場まで続く。
  フランス人は世界で最も美しい通りという。確かに華やかで美しい。
  名前の由来は古代ギリシャ神話に出てくる「至福の野」という意味だそうだ。
c0192215_17134544.jpg

  モンテーニュ通り。
  シャンゼリゼ通りのロン・ボアン(円形広場)からアルマ広場、アルマ橋に通じる。
  高級ブランド店が並ぶ。写真にはディオールの店が映っている。
  なおアルマ橋付近ではかつて英国・ダイアナ妃が交通事故に遭遇している。
  この後、エッフェル塔からパリ六区まで歩いたのでした。

(注)アウステルリッツの戦い(1805年)
イギリス・スペイン連合とのトラファルガー沖の海戦で敗れたが、オーストリア・ロシア連合軍とのアウステルリッツの戦いでは勝利し、大陸の覇権を握った。翌年にはライン同盟をつくらせオーストリア・ハプスブルク家を皇帝とする神聖ローマ帝国が名実ともに消滅した。なおアウステリッツは現在のチェコ領となっている。 
by bonjinan | 2009-06-11 17:42 | 旅、散歩