人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

木曽路、馬籠宿

  木曽路、馬籠宿(2005年~、岐阜県中津川市)を歩いてきました。
  馬籠宿は、中山道69次、江戸から43番目、木曽11宿の一番南の宿場町。
  宿場町は坂道沿いに約600m続く。
c0192215_1771246.jpg

  馬籠宿から望む恵那山方向の風景。
  かつて馬籠宿生れの島崎藤村は『夜明け前』序の章で「木曾路はすべて山の中である」
  と書きだした。京都から来れば、馬籠からが木曽路、本格的な山道となる。
  以下、馬籠宿の南側から振り返ってみようと思う。
c0192215_1720543.jpg

  桝形:街道は直角に二度折り曲がっている。城郭建築と同じ。
c0192215_17273628.jpg

  古い町並みは石畳と桝形以外はすべて大火で消失。今風の姿で街を復活している。
  木曽名物「五平餅」、信州名物「やきもち」など味わった。
  最近は外人観光客も多く、お店には簡単な日本語英語対応表が貼られていた。
c0192215_17372467.jpg

  宿場町の真ん中にある馬籠宿本陣跡「藤村記念館」前。
  島崎藤村(1872-1943)は馬籠宿の旧本陣に生れ上京するまで過ごした。
  記念館には藤村の作品、原稿などが展示されている。
c0192215_17484997.jpg

  本陣隠居所:藤村は少年時代、国学者でもあった父からここで教育を受けたという。
c0192215_17543285.jpg

  中津川の方向を振り返ってみると、やはり坂道である。

  参考:馬籠観光協会ホームページ


by bonjinan | 2016-07-23 18:22 | 旅、散歩