人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

熊本地震

2016.4.21  熊本地震の被害状況
死者48人、震災関連死10人、けが人1197人、避難者約10万人、損壊家屋約9900棟
(日経夕刊)

①14日午後9時26分ごろ、熊本県益城町で震度7の地震が発生。
震源の深さは約11キロでマグニチュードは6.5と推定されている。15日の政府・地震調査委員会によると、熊本地震は「日奈久断層帯」の北部部分(布田川断層帯)で発生した横ずれ型直下地震と推定している。国土地理院の推定によると、地震を起こした断層は北東-南西方向に延びており、長さ約18キロ、幅約10キロ、約60センチの横ずれがあったという。
15日時点での被害は、死者9人、建物の倒壊などによるけが人1006人、うち重症者53人。

②16日午前1時25分ごろ、熊本地方を震源とする強い地震があり、熊本市などで震度6強を観測した。
震源の深さは約12キロ、マグニチュード7.3(1995年の阪神大震災級の規模)と推定されている。
気象庁は地震の規模から今回の地震を本震とみている。被害はさらに拡大しているとみえる。

③16日からは阿蘇、大分でもM5以上の地震が発生。震源が熊本、阿蘇、大分に渡る広範囲になっている。
地震帯は布田川断層帯の延長上にある。国土地理院のGPS観測によると、この地震帯の南側では南西方向に北側では北東方向に動いたとのこと。
断層に沿って震源が動いており、どれが前震なのか本震なのか、余震なのか分からなくなってきた。
16日午後7時30分現在の熊本地震による死者合計は39人、負傷者多数。
by bonjinan | 2016-04-16 07:40 | できごと