人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

ヒオウギ

  花より種の方が有名な「ヒオウギ」の花が咲いていた。種の名は「ぬばたま」で真っ黒な
  ことから、黒、夜、闇などに掛る枕詞として使われてきた。
  『万葉集』に読まれた植物の歌数の順位は、萩、梅、ぬばたま、松、橘で3番目となって
  いる。「ぬばたま」は枕詞としての利用だとしても「ヒオウギ」は昔から有名な植物だった
  ことが知れる。
c0192215_1255255.jpg

  ヒオウギ:アヤメ科  漢字名:檜扇  英名:Leopard flower
  名前は葉の広がりが檜の板を重ねた檜扇を開いたようであることから名付けられている。
  せかっくなので「ぬばたまの」が使われた万葉集から一首、
  「ぬばたまの 夜のふけゆけば 久木生ふる 清き川原に 千鳥しば鳴く」 山部赤人 
  撮影:横浜、馬場花木園
by bonjinan | 2015-09-03 13:27 | 季節の花