人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

金沢ひがし茶屋街

  金沢を代表する観光スポット「ひがし茶屋街」を歩いた。
  その中の一つ「懐華楼」さんを見学させていただいた。
  江戸時代の建物を改修し、加賀百万石の粋で華やかな雰囲気を再現している。
  昼間は1階のカフェで格子(木虫籠:きむすこ)越しに茶屋街の風景を楽しむことができる。
  ただし夜はすべて一見さんお断り、一客一亭となっている。
c0192215_22113523.jpg

  ひがし茶屋街。木虫籠と階高がほぼ合った独特の景観が美しい。
  1820年、加賀藩12代藩主が城下のお茶屋を集め浅野川茶屋町として町割りした地区。
c0192215_22164816.jpg

  華麗な朱塗りの階段と紅梅白梅図蒔絵の衝立
c0192215_22253779.jpg

  階段を上った2階の客間。ベンガラの朱色の壁があでやか。
c0192215_2229512.jpg

  群青色の壁の客間と演舞の舞台となる控えの間。飾られているのは加賀友禅の花嫁暖簾。
c0192215_22355134.jpg

  華やかさと変化と。朱色の畳べりで縁取られた畳。畳の向き大きさがそれぞれ異なる。
  今風に言えばまさにインスタレーション・アート(Installation art)の空間。
  なお金沢ならではの金箔が織り込まれた畳の茶室もあり。 

 参考:懐華楼さんでは年数回、食事と演舞が楽しめる「艶遊会」あり、詳細はホームページで。
       懐華楼ホームページ
by bonjinan | 2015-06-01 09:06 | 旅、散歩