人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

世界遺産、毛越寺浄土庭園

 「夏草や 兵どもが 夢の跡」(芭蕉)
 "The summer grass 'Tis all that's left of ancient warriors' dreams"(Inazo Nitobe)
 平安時代後期、平泉で花開いた奥州藤原氏の夢の跡の一つ「毛越寺(もうつうじ)」を訪ねた。
 本堂は1989年に建立されたものですが、手越寺庭園には金銀をちりばめた金堂があったという。
 (入口付近に岩手県生まれ・新渡戸稲造博士の上記英訳句碑あり)
c0192215_1159233.jpg

  毛越寺庭園:金堂(池の向う側にあった)の前に池(大泉が池)を配した典型的な
  浄土式庭園。写真手前は出島石組と池中立石。右側は洲浜。
c0192215_12424830.jpg

  金堂円隆寺跡:今も礎石がそのままに残されています。
  鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』では「荘厳は吾朝無双」、「金銀を散りばめ万宝を尽くした」
    と評された。
c0192215_12514045.jpg

  池に水を取り入れる水路、遣水(やりみず)
  かつてここで「曲水の宴」(流れに盃を浮かべ、流れてくる間に和歌を詠った)が開かれた
  という。奥州平泉文化の栄華が忍ばれます。

   参考:毛越寺ホームページ

by bonjinan | 2015-05-02 13:26 | 旅、散歩