人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

秘境の吊り橋@奈良

奈良県の最南端に吉野郡「十津川村」がある。過疎の村だが説明する言葉には事欠かない。
村としては「日本一の面積」(人口約3600人)、「日本の秘境100選」の地、村の一部が世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一部、西村京太郎の「十津川警部」の名前のヒントになっていること、歴史を辿れば明治維新まで尊王の姿勢を貫き「十津川郷士」を輩出したこと、また同じく明治維新まで「免租の地」であったこと、1889年の大水害では集落の大半を失い、多くの村人が北海道に新天地を求め移住し現「新十津川村」が生まれたことなど。ここでは観光で訪れた「谷瀬の吊り橋」のこと。
c0192215_13141738.jpg

谷瀬の吊り橋:1954年完成、全長297m、高さ54m、スリル満点の空中散歩が楽しめた。
この吊り橋にも歴史がある。橋ができるまでは川に木橋を架けて行き来していたが洪水のたび流されてしまった。村人が1戸あたり20万円という当時としては大金を出し800万円を投じて造られている。そんな貴重な橋ではあるが通行は観光客でも無料。人の往来を何よりも楽しみにしているようである。
c0192215_1330268.jpg
 
眼下に見下ろす十津川:川幅が広いがかつてはここに集落があり畑があったという。

場所等:十津川村観光協会ホームページ   
    
by bonjinan | 2014-10-08 13:45 | 旅、散歩