人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

花の窟神社@熊野

  『日本書紀』に記された日本最古の神社「花の窟(はなのいわや)神社」(三重県熊野市)
  を訪ねた。国産みの女神・イザナミノミコトの御陵とされる神社。
  世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」の一つでもある。
c0192215_14585131.jpg
 
   イザナミノミコト、ご神体の岩(高さ45mの巨岩)。
   ご神体の岩から地上に張られた縄には三つの旗を表現する縄が下がっている。
   毎年2月2日と10月2日の「お綱掛け神事」に新たな縄が張られる。
   写真は10月2日に張られたもの。昔は朝廷より献上された錦の旗が飾られたという。
c0192215_1521875.jpg

   ご神体から張られた縄が地上に降りてくる様子。
   国道を境した南には風光明媚な熊野灘の七里御浜が広がる。

  (補足)『日本書紀』(奈良時代)より
  「・・・伊弉冉尊火神を生み給う時に灼(や)かれて神退去(さり)ましぬ 故(か)れ
   紀野国熊野の有馬村に葬(かく)しまつる 土俗(くにびと)此神の魂(みたま)を祭る
   には 花の時には花を以って祭る 又鼓吹幡旗(つづみふえはた)を用いて歌い舞いて祭る」
   花窟神社の由緒書によれば、花窟神社名の由来もこれより起こるとしている。    

  参考:詳細につきましては花窟神社Webサイトをご覧ください。
by bonjinan | 2014-10-05 15:49 | 旅、散歩