人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

御嶽山噴火

長野県と岐阜県にまたがる御嶽山(通称、木曽のおんたけさん)が27日正午前、噴火した。今回の噴火は、地下水がマグマで熱せられて起こる水蒸気爆発といわれている。御嶽山は35年前、同じような水蒸気爆発を起こしたがそれまでは死火山であった。日本列島の火山が活発化する予兆なのか研究者にはしっかり調べて欲しい。被害については28日朝時点で全貌は掴めていない。朝から山頂付近の山小屋に取り残されている人の救出活動が始まる。多くの人の無事を祈るとともに、改めて自然の巨大な力を知る。
参考:2011.6.8ブログ(大森房吉伝)

2014.9.30
長野県警などは29日時点の状況として、12人死亡、24人心肺停止の状態にあると発表した。結果論になるが9月11日に発表された「火山情報に関する解説情報」をもっと広く周知できなかったのかとの悔いは残る。こうした問題はあるにせよ、正確には予知できない以上、個人個人でも災害について情報収集と細心の注意を払わねばならないことは言うまでもない。ただ救出活動が続く現時点では、むしろ2次災害が心配だ。
参考:気象庁ホームページ(防災情報)

2014.10.09
長野県警は8日、噴火による死者は55人、行方不明者は8人と発表した。

2014.10.10
気象庁ホームページでの日本の火山の活動状況が多少分かりやすくなった。
参考:気象庁ホームページ(各火山の活動状況ほか)
by bonjinan | 2014-09-28 11:20 | できごと