人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

スペイン、幻想的光景の町「トレド」 sanpo

マドリッドから南へ約70Km。繁栄した時代をそのままに時間が止まったような町「トレド」がある。タホ川を挟んだ高台から町を見ていると幻想の世界にいるのではないかと思えてくる。
c0192215_10554330.jpg

  ↑ 幻想的光景のトレド:眼下にタホ川、写真中央左にカテドラル、右にアルカサル。
c0192215_111303.jpg

  ↑ トレドは古代ローマ時代から要塞都市として栄えた。以後、支配者が代るたび、建物は
    スクラップアンドビルドされ建材はリサイクルされた。壁にはそんな痕跡が伺える。
c0192215_11222688.jpg

  ↑ カテドラル:1226年に建設が始まり1493年に完成した大聖堂。スペイン・カトリックの
    総本山。
c0192215_11254848.jpg

  ↑ キリスト教の世界を絵で説く主祭壇。堂内には聖体祭の日だけ外でお披露目される聖体顕示
    台もある。
c0192215_1126048.jpg

  ↑ エル・グレコ作 『聖衣剥奪』 が掲げられた聖具室。トレドはグレコが半生を過ごした町
    でもある。
c0192215_11435518.jpg

  ↑ サント・トメ教会。トレド観光では必ず組み込まれるという。ギリシャ人ながらトレドを
   こよなく愛したグレコ作『オルガス伯の埋葬』を観賞できる(写真撮影禁止)。
   肉体は土に魂は天国に昇天する不思議な絵だ。


(参考)トレドの歴史
 トレドはカスティーリャ=ラ・マンチャ州の州都。かつては西ゴート王国(418年に建国されたゲルマン諸国国家の一つ)の首都だった(560~711年)。その後、ウマイヤ朝によって征服されイスラムの支配下に入った(711~1031年)。後ウマイヤ朝が崩壊(1031年)してからはイスラム諸国の一つトレド王国となるが、1085年、カスティーリャ王国による長期にわたる包囲にトレド王国は降伏した。その後、イスラム軍に攻められることもあったがトレドを守り抜いたことで、レコンキスタの節目の一つとされている。トレド征服以降、カスティーリャ王国やスペイン王国は定まった首都を持たず、トレドは一時的な宮廷の所在地であったが、1561年、フェリッペ2世がトレドからマドリードに宮廷を移すと、マドリードが首都として定まり、トレドはゆるやかに衰退していく。(WIKIPEDIAより抜粋)
by bonjinan | 2014-06-11 12:12 | 旅、散歩