人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

メスキータ@スペイン・コルドバ

コルドバ、メスキータに入った(メスキータとはスペイン語でイスラム教寺院のこと)。
赤と白を組み合わせた二重アーチとこれを支える柱が林立することで知られる。
後ウマイヤ朝を創始したアブデラフマーン1世の命により、785年に建てられた。その後、歴代カリフによって増改築され10世紀後半に完成したモスク。当時、2万5000人のイスラム教徒を収容できたという。しかしレコンキスタが進行していた1236年にはコルドバが再びキリスト教徒に征服され、メスキータはカトリックのカテドラルとなり、今日に至っている。イスラムの繁栄を今に伝える文化遺産。もちろん世界遺産。
c0192215_17143441.jpg

  ↑ 円柱の森。かつては1000本以上あったが、カテドラルへの改築により、現在約850本
    と言われる。馬蹄形のアーチが幻想的。
c0192215_20542927.jpg

  ↑ マクスラ:モスクで最も重要な場所であるミフラブを囲む荘厳な空間。
c0192215_2050392.jpg

  ↑ ミフラブ:イスラム教徒(ムスリム)が祈りを捧げるメッカの方向を示すくぼみ。
    壁にはコーランの一部が刻まれ、金のモザイクで飾られている。
c0192215_2057429.jpg

  ↑ 華麗な多弁型二重アーチ
c0192215_20593241.jpg

  ↑ メスキータの中央部に建てられたキリスト教の中央祭壇。
c0192215_2185762.jpg

  ↑ オレンジの中庭からみるアルミナールの塔。モスクのミナレットが聖堂の鐘楼となった。
c0192215_21102815.jpg

  ↑ オレンジの中庭。モスクの時代には身を清める場所だった。
    オレンジの木はキリスト教の時代に植えられた。今は市民憩いの場所にも。
by bonjinan | 2014-06-29 18:37 | 旅、散歩