人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

笹本恒子100歳展

日本新聞博物館(横浜市中区日本大通)で開かれている「笹本恒子 100歳展」に入った。
笹本さんは日本最初の女性報道写真家と言われ、現在も精力的に活動しておられる。
展示は4章構成からなる。第1章 明治生まれの女性たちでは、壺井栄、加藤シズエ、沢田美喜など当時、時代の先端を走った女性たちの内面まで伝わってくるような写真を見ることができる。第3章 笹本恒子が見た時代では、過去の出来事、風景でありながら、今、自分がその場に立っていると思わせるような不思議な引力をもった写真をみることがができる。例えば、「原爆ドーム」(1953年)では、すぐそばに墓地があったことが知れるが、盂蘭盆会の提灯とともに写されていて、お盆のお墓参りにきているような錯覚に落ち入る。「三井三池闘争」(1960年)では、夫とともに戦う、いやむしろ男たちよりたくましい妻たちの姿が写されていて、男女共同参画時代を先取りしているような光景にも見える。なお第2章はあの時代、あの人、第4章はいつまでも現役・・・笹本恒子の今となっている。笹本さんの写真は、プロの写真なので言うまでもなくきれいだが、見せようとする写真ではない、見る者をその場に参加させてしまう写真であった。
参考:日本新聞博物館ホームページ
by bonjinan | 2014-04-12 17:52 | 文化・歴史