AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

椿がみごろ sanpo

   古代から日本人を魅了してきた「椿」が見ごろ。
   『日本書紀』に記録が残され、江戸時代には多くの園芸品種が作られた。
   字のごとく春を代表する木花になっている。
c0192215_9541868.jpg

   ツバキ(椿、海石榴):ツバキ科ツバキ属の総称 学名:Camellia japonica
   花ごと落ちることから忌み嫌う人もいるが幕末から明治以降の流言とのこと。
   歴史を遡ればむしろ良い意味で使われてきた。
   茶会では茶道に由来することば「一期一会」をぴったり表現できる茶花として好まれる。
   また長生きを意味する「椿寿」(ちんじゅ)というお目出度い言葉もある。

   参考:2010.3.11ブログ「氷室椿庭園@茅ヶ崎」
    
 
[PR]
by bonjinan | 2014-03-24 12:25 | 季節の花 | Trackback
トラックバックURL : https://bonjinan.exblog.jp/tb/21880813
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]