人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

福島原発の地下水汚染問題

東京電力は5日、福島第1原発の敷地内の約300トンの汚染水が漏れたタンクの南側15mに掘った井戸から放射性物質を含む地下水を採取したと発表した(放射性物質はストロンチウムなどベータ線を出す放射性物で1リットル当たり650ベクレル)。計画では山側から原発建屋地下に流れ込む地下水を軽減するため、山側に12本の井戸を掘り、地下水を汲みあげ海に放出する計画だったようだが、こうした計画の修正を迫る結果となった。常識的に考えれば、事前調査を踏まえて対策案が立てられるはず。なぜこうもちぐはぐなことになるのか不思議だ。現場の技術者と計画立案者の間に垣根があるように思えてならない。最近、国が前面にでて対策するとなったが、国と東電の役割分担を改めて明確にするとともに、何よりも実情にあった効果的な対策を講じてもらいたい。またもともとの廃炉スケジュールから何が変わっているのかについても明確にして貰いたい。8日朝には2020年五輪開催地が決定される。重大な支障にならなければと願うと同時に、これとは関係なく、原発問題はわが国の国際社会における信頼性に関わる問題であることを忘れないで欲しい。
by bonjinan | 2013-09-06 10:33 | できごと