人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

タニウツギ

  「花の色はうつりにけりな・・・・」
  平安時代には花と言えば桜を指しましたが、現代では花もいろいろ、色もいろいろ。
  季節は春から初夏の陽気になり、散歩で見かける花も多種多様になりました。
  写真は遠くからみると緋寒桜のようでもある谷空木(タニウツギ)。
c0192215_20131680.jpg

   タニウツギ:スイカズラ科 別名:ベニウツギ  @新宿御苑
   日本固有種。名前は谷間に育っ空木からつけられた。空木同様、枝の中は空洞。
   ウツギ(空木、別名:卯の花)はユキノシタ科なので別物。

   参考:ウツギと名のつく花は結構多い。
    ウツギ(ウノハナ)バイカウツギ、フイリウツギマルバウツギサラサウツギハナツクバネウツギ
by bonjinan | 2013-05-08 20:43 | 季節の花