人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

ロシアに隕石が飛来し爆発

ロシア・ウラル地方に15日、隕石が飛来して上空で爆発。
衝撃波で家屋に多くの被害をもたらすとともに約1000人がけがをした。
ロシア科学アカデミーは「数メートルの大きさで、重さ約10トン、秒速15~20キロで大気圏に突入した」と
推定している。数十メートル程度の大きさの隕石を事前に観測することは困難だというからこの程度の大
きの隕石は突然飛来することになる。なお地球に近づいていた直径45メートルの小惑星(2012DA14)は
日本時間16日未明、地球に最接近し高度2万7000キロ(静止衛星は3万5786キロ)のインド洋上空を
秒速7.8キロで無事通過したという。
参考映像:CNN news
追加-1
NASAの解析によると、ロシアに飛来した小惑星は直径がおよそ17m、重さがおよそ1万t、上空20Km前後
で爆発したとみられるとのこと。爆発の威力は広島型原爆の30倍以上、約500Ktに相当するという。
※広島に投下された原爆は上空580mで炸裂した。規模はTNT換算で15tと言われている。
地上で受けたエネルギーを広島の場合と比較すると広島の約1/1000となる。 
追加-2
衝撃波は隕石前の空気がどんどん圧縮され空気の温度が上昇(断熱圧縮)するとともに、隕石自身も
押しつぶされ爆発し発生したとされる。千気圧ほどに圧縮され数万度に達したと言われる。
爆発がなくても衝撃波は発生する。メカニズムについてもう少しく詳しく知りたいところだ。
追加-3
小惑星(2012DA12)は秒速7.8Kmで通過したと報道されている。
第一宇宙速度は7.9Km、第二宇宙速度は11.2Km。7.8Kmで地球の重力圏を脱出できるのだろうか?
7.8Kmは相対速度だからとなるのだろうけれど。
by bonjinan | 2013-02-16 09:12 | できごと