人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

ピロリ菌と胃がんとの関係

慶応大学医学部などの研究チームが、ピロリ菌が胃がんを発症するメカニズムを解明したという。
慶応義塾ホームページによると、「ピロリ菌由来の「がんたんぱく質(CagA)ががん幹細胞に注入されると、細胞内にCagAを溜め込み、安定的に存在することを証明しました」とのこと。
ピロリ菌については、その駆除が有効とされ実施されている。そのほかのがんについても効果的な対処方法に結びつくメカニズムを見出して欲しい。
引用:慶応大学ホームページ(プレスリリース)
by bonjinan | 2012-12-14 11:08 | 健康