人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

ものづくり指向型金融国家

辞書によれば、「空念仏とは実行の伴わない口先だけの主張や宣伝のこと」とある。最近、何とこの空念仏が多いことか。デフレ脱却、円高是正、成長戦略、アジアの成長を取り込む・・・。あげたらきりがない。それも一度や二度ならまだ新鮮だが、メディアで書店で、そして政治家から、ここ何年も、しかも何度も何度もこのフレーズを聞いたり見ていると念仏のようだ。ただひたすら念仏を唱え極楽往生したい。最近、そんな響きに聞こえてくる。心の平安に宗教は極めて有用だが、ビジネスの問題は自ら解決していくしかない。よく企業では三現主義という言葉を良く使う。三現主義とは現場、現物、現実を丁寧に観察し行動の伴う解決策を見出すことだが、思考に柔軟性がなければ見えるものも見えない。そんな時には旅をすることだ。旅をして新たな目で見直すことが必要になる。世界はグローバル化している。日本でダメなら世界に旅立ってみることだ。前置きが長くなった。とても良い本がある。 松島大輔『空洞化のウソ』講談社現代新書だ。
著者は、現在、タイ王国政府政策顧問として政府より派遣され、東南アジアからの貴重な報告をしてくれている。「現地化こそ最大の雇用創出策。恐れるべきは日本の未来の空洞化」、「わが国が目指すべきは「ものづくり指向型金融国家」だと説く。よく我々は「アジアの成長を取り込む」というフレーズも良く聞かされる。一見、進取の気性からのように思えるが、本書を読めばこれも空念仏に近いことが分かる。本心が、国内は今のままで果実だけを採りたい、だからだ。円高を嘆く前に、TPP参加是非を論じている間にも、まずやるべきことがあるがあることに気づかされる。海を巨大な池のある庭と思えるかどうかとも問える。
by bonjinan | 2012-11-30 11:31 | 読書