人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

秋の京都・渉成園

  秋の京都・渉成園(東本願寺の飛地境内、別名、枳殻邸:きこくてい)を歩いた。
  京都駅の近くにありながらとても広くかつ静か。書院式の回遊庭園で渉成園13景と称され
  詩歌にも詠われるという見事な景色と諸建築を愉しむことができました。
c0192215_8415891.jpg

  印月池(いんげつち)と侵雪橋(しんせつきょう)、さらに京都タワーを望む景色。
c0192215_859484.jpg
 
  印月池と回棹廊(かいとうろう)を望む景色。手前はタイワンフウの黄葉。 
c0192215_859592.jpg
   
  タイワンフウの黄葉の先に見る傍花閣(ぼうかかく)。
c0192215_922043.jpg

  大銀杏の黄葉とカリンの実。まさに秋。

  渉成園冊子の「彼是拾遺集」より
 ・渉成園は源氏物語の主人公・光源氏の実在モデルの一人、源融の邸宅・河原院跡?
  渉成園を造った際、源融愛用の塩釜とみられる釜を掘り当てたことから、河原院跡であると
  言われた。しかし近年の研究によって本園を河原院跡とする説は後退し伝説の範囲になりそ
  うだとのこと。
 ・印月池の島は秀吉の御土居? 
  広大な印月池に浮ぶ二つの島はほぼ高さが同じく、回廊北側の築山も含め一直線に並んでい
  ることから、秀吉の築かせた御土居(京都を囲む土塁)の一部であると言われてきた。
  古地図研究によってもそのライン上にあることから信憑性も高いとされる。ちなみに御土居
  を境に洛中、洛外と呼んだ。

  参考:東本願寺ウェブサイト(渉成園)
by bonjinan | 2012-11-20 10:28 | 旅、散歩