人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

RCEP

ASEAN(東南アジア諸国連合:10か国)と日本、中国、インドなど16か国は30日、カンボジアで経済相
会合を開き、貿易、投資の自由化を進める「東アジアの包括的経済連携協定」(RCEP)の交渉を11月に
始め、2015年末までに妥結を目指すことで合意したようだ。米国、EUに匹敵する消費地に成長しており、
わが国にとって対象地域との貿易は全輸出入の約5割(133兆円)を占めていることからも意義がある。
環太平洋経済連携協定(TPP)については関税の全廃などハードルが高いのに対して、RCEPは例外が
認められるので参加しやすい。ただ域内各国をみると大きな貿易不均衡があり、国情の大きな違いあり
で、具体的交渉になるとそれでもまとまり難いとも言われている。どの経済連携においてもそうだが、一
方的に輸出を増やしたいとなると行き詰ってしまうのであり、互恵の精神を柱にして、何段階かのステッ
プを踏んで進めることが必要だろう。気長にしかも確実にが肝要である。

  
by bonjinan | 2012-08-31 14:01 | 政治・経済