人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

「マッカーサー記念室」見学

第一生命本社(東京丸の内)にある、「マッカーサー記念室」を見学させていただいた。連合国総司令部(GHQ)のダグラス・マッカーサー最高司令官が、1945年9月から51年4月まで執務室として使用していた部屋で、歴史的遺産として当時のまま保存されている。今年は、同社にビルが返還された52年7月から数えて60年目。これを記念しての特別公開。戦後日本のかたちが裁可された部屋を目の当たりにした。
c0192215_16553532.jpg

マッカーサー記念室」のある第一生命本社ビル
c0192215_1704111.jpg

「マッカーサー記念室」
陸軍、GHQに接収されるまでは同社社長室だった部屋で、机・椅子は三代社長・石坂泰三が使用していたものをマッカーサー元帥がそのまま使用したものだという。特徴は机に引出しがないこと。マッカーサーはたいへん几帳面で、何事も即断即決するためこの机を愛用していたという。執務室の広さは約54㎡(16坪)で大きな部屋ではない。
c0192215_17181478.jpg

部屋には英国人画家オルドリッジにより描かれた2枚の絵が飾られている。マッカーサーはたいへんヨットが好きだったという、また華美を嫌い質素を好んだという。
c0192215_17234034.jpg

部屋に置かれた「青春の詩記念碑」マッカーサー元帥は終戦前から「青春」(原作:サミュエル・ウルマン)の詩を座右の銘とし紙に書き部屋に飾っていたという。
”Youth is not a time of life - it is a state of mind; ・・・・ ”
「青春とは人生の或る期間を言うのではなく、心の様相を言うのだ。・・・・・ 」
c0192215_17475867.jpg

執務中の様子を伝える写真。
マッカーサーは1951年4月、最高司令官を解かれるが有名な台詞を残している。
"Old soldiers never die; they just fade away."
「老兵は死なず、ただ消え去るのみ」

参考
公開期間:7/17~22 AM10:30~PM3:30 1日200人限定
変更等あればいけないので正確には”第一生命ホームページ”などで確認ください。


  
本稿関連ブログ
09.2.22 白洲次郎09.7.4 横浜・ホテルニューグランド10.7.21 ポール・ラシュ

     
by bonjinan | 2012-07-19 15:01 | 文化・歴史