人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

初夏の花:夏椿、合歓の花ほか

c0192215_18561530.jpg

    夏椿、ナツツバキ:ツバキ科 別名:シャラノキ
    春に咲く椿の葉には艶があるが夏椿にはない。しかしまたそれが爽やか。
    日本の仏教寺院では沙羅双樹(フタバガキ科)の代用として沙羅双樹と言っている。     
c0192215_1194459.jpg

    合歓の木、ネムノキ:マメ科
    細かい羽状の葉が、夜になると閉じるのでこの名がついている。
    皇后陛下の御歌
    「薩摩なる 喜入(きいれ)の坂を登り来て 合歓の花見し 夏の日想う」
    御歌『瀬音』より
c0192215_11134669.jpg

    銀梅花、ギンバイカ:フトモモ科
    ローマ神話の愛と美の女神”ウェヌス/ヴィーナス”に捧げられる花とされ、結婚式の花輪
    にも用いられる。別名、イワイギ。
c0192215_1119180.jpg

    金糸梅、キンシバイ:オトギリソウ科
    名前の通り、細かい糸のような雄しべも金色。ビヨウヤナギと似ている。
    違いはビヨウヤナギは花弁が離れていること、雄しべが花弁より長く伸びていること。     
c0192215_11263684.jpg

    ミッキーマウスツリー:オクナ科        ルリヤナギ:ナス科
    名前の由来は赤い花床に黒い実がつき姿が花が柳のように下を向いている。 
    ミッキーマウスの顔に似ていることに由来。
    写真では実はまだ緑。
    写真はいずれも川﨑市緑化センターで撮ったもの。
by bonjinan | 2012-06-29 11:46 | 季節の花