人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

GDP、年率4.1%増

内閣府が本日17日発表した2012年1~3月期のGDP(1次速報値)によると、実質で前期(11年10~12月期)と比べて1.0%増、1年続いた場合の年換算で4.1%増だった。
震災後の復興事業等公的需要の1.1%増、エコカー補助金復活等による民間消費1.2%増、輸出の増
3.3%によるものであった。マイナス要因としては民間企業の設備投資が前期増の反動か3.9%減、民間住宅も1.6%減になっている。内外寄与度では内需の1.0%増によるものであった。
GDPデフレーター(=名目GDP/実質GDP)の動向では、前年同期比1.2%下回り、依然としてデフレ基調が続いている。購買力平価説に従えば、また欧州の信用不安を考えれば円高基調は続くことになるのだろう。また輸出の前期比2.9%増もタイの洪水被害が落ち着いたことによるものであり、次期以降については分からない。いろいろ考えればきりがない。ともかくもGDPがプラスに転じたことは喜ばしい。
引用:内閣府ホームページ(GDP1次速報値)
参考:5/18 AM6:21 ドル/円79.28-.32(1.03円高)、ユーロ/円100.63-.68(1.54円高)
by bonjinan | 2012-05-17 18:26 | 政治・経済