人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

夏場の電力不足をどう乗り切るか

政府は夏場の電力確保のためとして大飯原発の再稼働で動こうとしたが挫折している。
当然と言えば当然だ。福島原発事故の最初の破損個所を含めたハード上の欠陥、事故を大きくして
しまった根本原因(結果として初動に失敗した原因、指揮命令系統からみたガバナンス上の問題点)
が全くつまびらかになっていない上に、火力発電等代替手段による積み上げ経過と見通しが明朗に
なっていなく誰しも判断できないからだ。
ここで採り上げるのは供給能力と並行して重要になる節電、特に夏場のピークカットだが、これも原発
を再稼働するしないの議論に隠れて進んでいない。将来を見据えれば、スマートグリッド(電力需給を
自律的に制御するシステム)、ネガワット(節電分を発電したとみなし売買する仕組み)、DR(デマンド
レスポンス:電力需要に応じて電力供給者側で需要家側の消費電力を制御する方式)、スマートメー
ター(上記システムをリアルタイムで運用するための需要家側に設置し負荷を制御する装置)など重要
な技術なのだが、最も影響を受ける需要家の意見を聞き仕様検討するような動きもない。
少なくともニュースなどでは報道されていない。既存電力会社と関連メーカーの間では検討しているの
だろうが、買手と売手の上下関係が明確な電力業界にあっては供給者側の論理でしか検討されない
だろう。家庭用太陽電池が普及するこの時期に、経産省が積極的に取り纏めしようとしないのか不思
議だ。ニュースもないから知識不足で間違ったことを書いている可能性もあるが、わが国のスマートメ
ーターの主たる機能は自動検針装置だとしたら情けない。
by bonjinan | 2012-05-07 09:30 | 政治・経済