人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

爆弾低気圧

気象庁は6日、2から3日に大きな被害をもたらした「爆弾低気圧」の原因を発表した。
爆弾低気圧とは中心気圧が24時間で24hPa(ヘクトパスカル)以上低下する熱帯性低気圧のことを言うようであるが、今回は一気に42hPaも下がったとのこと。その原因として成層圏と対流圏の境(通常、高度約1万m)に5500mまで低下する寒気の流入を伴うくぼみができ、低気圧に流れ込む湿った暖気が上昇気流を一段と強めたことによると言う。台風と同じく湿った暖かい空気は上昇し、水蒸気が雨に凝縮、氷に凝固する過程で大量の熱を放出し上昇気流を強める。今回は通常より低い高度でその変化が起こったため日本海上とはいえ強い低気圧になったようだ。昨年は大地震、今年は静かな年であって欲しい。
引用:気象庁ホームページ”急発達した低気圧について”
by bonjinan | 2012-04-07 18:30 | 豆知識