人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

海外への雄飛

<海外渡航状況>
●米国への留学者数(2010年、米国際教育研究所調べ)
中国157千人(対前年比+23.5%)、インド103(-1.0%)、韓国73(+1.7)、カナダ27(-2.1)、台湾24(-7.0)、サウジアラビア11(+43.6)、日本21(-14.3)、ベトナム14(+13.5)、メキシコ13(+2.0)、トルコ12(-1.7)の順。
日本の場合、これだけ国際化が叫ばれている中、ピーク時の60%だという。海外留学は単に視野が広くなるというばかりではなく、人脈のづくりがその後の研究、ビジネスに役立つとされる。将来のキャリアアップを考えた場合にも米国等の修士、博士が有利と考えられている。
●海外在留邦人数調査統計(外務省調査、10年10月1日現在数)
在留邦人総数114万人、内永住者数(日本国籍所有)38万人、長期滞在者数(3か月以上滞在)76万人増加はしているものの飽和してきているようだ。国別内訳では総数では米国39万人、中国13万人、オーストラリア7万人、英国6万人、ブラジル6万人の順
長期滞在者数では米国24万人、中国13万人、英国4.7万人、タイ4.6万人の順。
また都市ではロサンゼルス6.9万人、ニューヨーク5.7万人、上海5.0万人、大ロンドン3.5万人、バンコク3.4万人の順となっている。
●和僑:日本では仕事ができなくなり中国に活路を求めた人びとのネットワーク。
最近は自治体にも海外への進出、反対に受入れを仲介する部署ができているところも多い。
by bonjinan | 2012-02-01 15:51 | 政治・経済