人気ブログランキング |

AREKORE

bonjinan.exblog.jp
ブログトップ

政府、TPP交渉への参加を表明

政府は11日TPP交渉への参加を各国に表明した。米国のニュースをみたところ予想されたことだがそれらしき報道はまったくない。一方、国内では、「米、二国間協議で牛肉、車、郵政の開放見直しを提起へ」と報じられている。これも予想されたことだ。国内では農業問題ばかりが議論されるのだが、米国にとっての関心ごとはこうしたことだろうし、日本でこれら案件が議論されていないことを知っており、改めて日本政府のTPP参加への意気込みを確認したのだろう。言われたくないことを国内で議論せず交渉に臨むようでは先が思いやられる。民主党内の議論をみていると農業問題だけ、それも表面的な議論だけ。野党の問題提起も「議論が不足」程度しか聞こえてこない。主要各紙も参加すべしであったが、その詳細を分析した記事はなかった。海外では以前から交渉の透明性を高めるための市民参加も要望されている位だ。本来、手順としてはTPP参加是非議論ではなく国力をどうやって上げるかの議論が先なのだ。政権が頻繁に代っていることもあって国民の意志を背景とした交渉ができていなく、「日本はどうしたいのか」が問われるだけだ。参加表明は方向性としては良いとしても、農業問題もさることながら金融分野、工業分野、サービス分野すべからく点検すべきだ。失われた20年の足跡をみると交易は国是などでは済まされないより深化した議論が必要なことが分かるはず。
by bonjinan | 2011-11-13 12:28 | 政治・経済